Fashion

ユニクロの靴屋「キャンディッシュ」に加藤あい

CANDISH発表会にて(左)ユニクロ取締役・大苫直樹、(右)加藤あい Image by Fashionsnap.com
CANDISH発表会にて(左)ユニクロ取締役・大苫直樹、(右)加藤あい
Image by: Fashionsnap.com

 ユニクロが2010年8月31日、「ビュー」や「ビジュー」など複数の靴専門店名を「CANDISH(キャンディッシュ)」に統一し、ユニクロの着心地を靴に反映した新商品を発表した。都内で開催された発表会には、イメージキャラクターに起用された加藤あいさんが登場した。

 ユニクロは、2010年4月にファーストリテイリングから誕生した靴事業「UNIQLO SHOES(ユニクロ シューズ)」を含む全ての靴事業を継承。2010年8月、M&Aにより傘下に収めた複数の靴専門店を「CANDISH」に統一した。新生「CANDISH」では、ユニクロのもつデザインや生産のノウハウを活かし、服と同様に品質や履き心地、ファッション性を追求した商品に一新。「"くつ屋のやるくつ屋"でなはくて、"服屋の考えるくつ屋"」(ユニクロ取締役・大苫直樹)とし、色やサイズのバリエーションを拡大しつつ展開商品を絞ることで1990円〜という低価格を実現した。まずはウィメンズのみで国内に限った展開だが、将来的にはメンズへの拡大や海外展開を視野に入れている。「ユニクロのインナーに匹敵する事業に成長する可能性も秘めている」(同・大苫直樹)と強気だ。

 「キャンディッシュ」の広告ヴィジュアルに登場している加藤あいさんは、「この靴は本当に疲れ知らずで女性の強い見方」と笑顔でコメントし、美しいウォーキングを披露した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング