Business

キム ジョーンズがdunhillディレクター退任

Image by: dunhill
 デザイナーKim Jones(キム ジョーンズ)が、「dunhill(ダンヒル)」のクリエイティブディレクターを退任することがわかった。2011年春夏コレクションがラストシーズンとなる。
 

 イギリス出身デザイナーKim Jonesは、セントマーチンズを卒業し2004年に自身の名前を冠した「KIM JONES」でロンドンコレクションデビュー。スポーツメーカー「UMBRO(アンブロ)」や「UNIQLO(ユニクロ)」、「TOPMAN(トップマン)」などと積極的にコラボレーションを行ってきた他、「Dazed&Confused(デイズド・アンド・コンフューズド)」誌などでエディターやスタイリストとしても活躍。2008年に「dunhill」クリエイティブディレクター就任し、メンズウェアとレザーアクセサリーのデザインを統括していた。

  Kim Jonesの辞任は、イギリス時間の12日15時に発表された。退任の理由について「dunhill」C.E.OのChristopher Colferは「それぞれ新しいクリエイションへとチャレンジするため」としている。既にKim Jonesは、発表後のコメントで退任後について、本の出版や新規プロジェクトなどを計画していることを明らかにしている。なお、現段階で後任のクリエイティブディレクターは決定していない。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング