Fashion

ラルフ ピンクポニーキャンペーンが10周年

 「Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフ ローレン)」が、がんの早期発見、診断、治療を啓発するために世界中で行っている慈善活動ピンク・ポニーが2010年で10周年を迎える。記念すべき10周年を節目に、10月1日より表参道店及び全国の主要百貨店にてキャンペーンをスタートし、限定商品や貴重な1点ものまで続々とリリースしていく。

— ADの後に記事が続きます —

  ピンク・ポニーは、クラシックポロ・プレイヤーの肖像をピンク・ポニーと称する商品として企画され、2000年にNYコレクションでデビュー。全世界に先駆け、翌年4月には日本で第1回「ピンク・ポニー・キャンペーン」を開催した。以降、表参道店をキーカラーであるピンクにライトアップしたり限定アイテムを発売。商品の売り上げの5%ずつを「ピンク・ポニーファンド」と財団法人日本対がん協会へ寄付する事を前提にキャンペーンを実施してきた。

 2010年度は、ウィメンズだけでなくガールズのウェアやエコバッグやブーツ、折りたたみ傘など限定アイテムが充実。また、日本では表参道店に1個というピンクのアリゲーターを使用したバッグやバングル、長財布を展開。さらに、購入すると「Ralph Lauren」からのメッセージが届くという世界5点のみのレアな記念時計も発売する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング