Fashion

デュベティカ旗艦店 日本にオープンした理由

UVETICA社 社長Giampiero Vagliano(ジャンピエロ バリアーノ)氏
UVETICA社 社長Giampiero Vagliano(ジャンピエロ バリアーノ)氏
Image by: Fashionsnap.com
 「DUVETICA(デュベティカ)」の世界初の店舗duvetica aoyama store tokyoのオープンを記念して、10月15日にオープニングパーティが開かれた。会場にはDUVETICA社 社長Giampiero Vagliano(ジャンピエロ バリアーノ)氏が来場。開場前にはショップデザインを手がけた安藤忠雄氏が訪れるなど、「DUVETICA」の旗艦店オープンを祝して多くの来場者が訪れた。
 

 2009年、「DUVETICA」の拠点であるイタリア・ヴェニスのPunta della Dogana(プンタ・デラ・ドガーナ)の設計を手掛けた安藤忠雄氏。Giampiero Vagliano氏が安藤氏のヴェニスの街並みづくりへの貢献やその仕事に感銘を受け、今回ショップデザインを依頼した。
 
 「DUVETICA」と安藤忠雄氏のコラボレーションにより誕生したduvetica aoyama store tokyoは、ヴェニスの街を感じさせる余分な装飾を排したシンプルな空間に仕上がっている。本場イタリアの職人を招いて造られた床や壁、照明にはドイツを代表するERCO(エルコ)社のライティングを採用し、美術館のような雰囲気を演出。外装には合計24枚のパネルを組み合わせたマルチモニターを設置し、ブランドの世界観を常に発信している。

 2002年にGiampiero Vagliano氏によって旗揚げされた「DUVETICA」は、2003年に自国イタリアでもフランスでもなく日本で先行デビューを果たした。ブランド開始から7年、年々セレクトショップでの展開は増えるもののダウン専業ブランドとして「DUVETICA」のトータル展開に踏み切りたいと考えていたGiampiero Vagliano氏。旗艦店をオープンするにあたり再び日本を選んだのはデビューを果たした国であること、そして世界的に最も品質に厳しい目を持ち、さらに高いファッション性をあわせ持つ国であるということから。

 青山に位置するduvetica aoyama storeでは、様々なフォルムのダウンジャケットがずらりと並ぶ。ショップに入ってすぐに目に入るカラフルなダウンジャケットの腕には、色番号が記されており、「DUVETICA」で使用される全25色のカラーを見ることができる。青山店では、メンズ39型レディース26型、合計59型を展開。春夏も同じく薄手のダウンを展開し、ダウン専業のショップとして1年中展開していく予定だ。


■duvetica aoyama store tokyo
住所:東京都港区南青山5-6-16
TEL:03-6427-3311
営業時間:11:00-20:00
定休日:水曜
HP:http://duvetica.fen.co.jp/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング