Fashion

60年の革新ピエール・カルダン 東京でショー開催

デザイナーPierre Cardin氏(中央)
デザイナーPierre Cardin氏(中央)
Image by: Fashionsnap.com
 「 pierre cardin(ピエール・カルダン)」が2010年11月9日、 アトリエ創立60周年を記念したファッションショーを東京で開催した。デザイナー Pierre Cardin氏が来日し、9月にパリで披露した2011年春夏コレクションを文化服装学院 遠藤記念館大ホールで再現した。
— ADの後に記事が続きます —

 1922年イタリア・ヴィニスに生誕したデザイナー Pierre Cardin氏は現在88歳。「Chistian Dior(クリスチャン ディオール)」の独立に際し、Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)らと共に創立メンバーとして参画する。1950年に独立し自身のメゾンを開設。フランスオートクチュール協会のメンバーとして初めてプレタポルテ(既製服)コレクションを発表、ライセンスビジネスへの参入など、まさに "モード界のイノベーター" として革新の60年を送ってきた。その名と創作活動を世界中に広げた功績は大きい。

 三井物産、高島屋、ピエール・カルダン ジャパンの合同会見に出席したPierre Cardin氏は60年間を振り返り、「他に影響されず自分自身であり続けること」にクリエーションを続ける意義があり、常に「明日のためのファッション」を提案することが生きる喜びなのだと話した。また、現在パリで構想中の住居・オフィス・ホテルなどを備えた複合施設「光の城」を日本でも作れたら、といった壮大なヴィジョンなど、ファッションに留まらず多岐に渡る活動への尽きない思いが語られた。

 ファッションショーには多くの学生が招待され、次世代を担う若い世代に「pierre cardin」の誇る革新的でタイムレスなクリエーションが披露された。


■pierre cardinショーの模様はこちら
 https://www.fashionsnap.com/collection/pierre-cardin/2011ss/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング