World News

スターバックスがロゴ変更 日本でも春から

「STARBUCKS COFFEE」2011年 新ロゴ
「STARBUCKS COFFEE」2011年 新ロゴ
Image by: STARBUCKS COFFEE
 コーヒーチェーン「STARBUCKS COFFEE(スターバックス コーヒー)」を展開する米スターバックス社が5日、2011年春よりロゴデザインを変更することを発表した。文字が省かれてグリーン一色に変更された新ロゴは、同社がチェーン展開する世界50カ国以上の国々で適用される。なお、1996年に初上陸した日本でロゴが変更されるのは初めて。
 

 1971年、アメリカ・シアトルに1号店をオープンしたスターバックスは、2011年で創業40周年。今ではすっかり定着したロゴマークの女神の正体は、ギリシャ神話に登場する人魚「セイレン」。創業者がコーヒーや航海の歴史、シアトルの港のルーツを探っていたときに、16世紀の木版画に描かれていた尾が2つに分かれた人魚「セイレン」を目にし、これを参考に考案されたものだ。以来、「セイレン」は「STARBUCKS COFFEE」のミューズであり、シンボルマークとなっている。

 「STARBUCKS COFFEE」のロゴは、これまで87年と92年にデザイン変更が行われてきたが、2011年に迎えた40周年を機に3度目の変更が行われることが決定した。新ロゴは「STARBUCKS COFFEE」の文字が排除され、シンボルカラーのグリーン1色で「セイレン」が描かれたシンプルなデザイン。「STARBUCKS COFFEE」の未来を象徴するロゴとして、2011年春より導入される。

 なお、スターバックス コーヒー ジャパンが展開する日本の店舗においても、2011年春より順次ロゴの変更が予定されている。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング