Fashion

ユニクロ「ヒートテック」8千万枚達成 春夏インナーも倍増

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 ユニクロが2月7日、力を入れる高機能インナーの新商品や販売戦略を発表した。代表格の「ヒートテック」は、2010年秋冬シーズンに8,000万点の販売を達成。これに続き2011年春夏シーズンは、「スタイルアップ」「サラファイン」「シルキードライ」の春夏3大インナーを更に進化させ、計3,600万点の販売を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 ユニクロが展開する高機能インナーの大ヒットアイテム「ヒートテック」は、グローバル戦略商品のひとつとして国内外で販売し、毎シーズン実績を伸ばしてきた。2009年は5,000万枚を完売し、続く2010年は機能性を更に向上させるとともに靴下やジーンズなどの新商品を続々と投入。8月の販売開始から累計で8,000万点の販売達成を見込んでおり、これまでの「ヒートテック」累計販売枚数は2億枚に迫っている。

 これに続く2011年春夏は、姿勢サポートインナー「スタイルアップ」、女性向けエアコンインナー「サラファイン」、そして男性向け"着心地ゼロ"インナー「シルキードライ」の3大高機能インナーを更に強化し、2月上旬より順次販売を開始した。「スタイルアップ」には、美しい姿勢をボディラインを導きつつドライ機能を追加した「スタイルアップライト」が新登場。汗や冷房の冷えに対応する「サラファイン」は、客からの要望を受けてブラトップ型が追加され、1枚でも着用が可能に。「シルキードライ」は、従来の吸汗速乾機能や優れた着心地に加え、新たに消臭機能を追加した。価格はそれぞれ990円(税込)から。いずれも先シーズンと比較して型数を1〜2割増やし、販売数はおよそ2倍の3,600万点を目標に掲げる。

 また、今シーズンは広告展開の一環として新たにユーザーの情報交換ウェブサイト「UNIQLINK(ユンクリンク)」を2月下旬にオープン予定。高機能インナーの商品に関する意見や感想をユーザー同士で交換出来るシステムで、実際に商品を体感した声を集めたサイトを展開していく。

■UNIQLINK:http://www.uniqlo.com/uniqlink/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング