Fashion

Gap日本最大店が銀座にオープン アヴリル・ラヴィーン来店

テープカットイベントの様子 Image by Fashionsnap.com
テープカットイベントの様子
Image by: Fashionsnap.com

 ギャップジャパンが、東京・銀座に日本最大の店舗となる「Gapフラッグシップ銀座」を2011年3月3日午前11時にグランドオープンした。テープカットイベントには「Gap」とスペシャルコラボジーンズを制作したファッションブランド「Abbey Dawn」を手掛けるアヴリル・ラヴィーン本人が登場。数寄屋橋交差点からほど近いはるみ通り沿いは、オープン前日から行列ができるなど多くの人で賑わった。

 「Gapフラッグシップ銀座」では、オープンを記念して「アヴリル・ラヴィーン x Gap」、「10 Corso Como(ディエチ・コルソコモ) x Gap」のコラボレーションを実現。グランドオープン当日、先着200名にはアヴリル・ラヴィーンがデザインする「Abbey Dawn」と「Gap」のスペシャルコラボジーンズ(レディースサイズ)と「Abbey Dawn」のTシャツがセットでプレゼントされた。コラボジーンズはアヴリルが愛用しているスキニージーンズをインスパイアソースにレッグラインをよりシャープなシルエットにしたデザイン。ウエスト部分には「Abbey Dawn」と「Gap」のロゴが入ったスペシャルパッチが施されている。店舗での取り扱いは行われない200点限定の貴重なアイテムにオープン前日午前10時から先着プレゼントを求めての行列ができた。

 オープニングセレモニーでは、ギャップジャパン代表取締役のジョン・アーマティンガーが「ニューショップでより素晴らしいものを提供していきたい」と6000人の従業員を代表して挨拶。その後アヴリル・ラヴィーンが自身の手掛けるファッションブランド「Abbey Dawn(アビー・ドーン)」のTシャツと「Gap」とのコラボレーションデニムの衣装で登場。アヴリルは「Gapフラッグシップ銀座」の印象について「素晴らしい、かっこよくてトレンディ」とコメントした。先着200名の中からさらに抽選で当たった1名サワカタ ユウコさん(女性)は、デニムと新作CDをアヴリルから直接贈呈され「信じられない。嬉しいです!」と声を弾ませた。

 「Gapフラッグシップ原宿」に次いで国内2店舗目となる旗艦店「Gapフラッグシップ銀座」。「Gap」のロゴをイメージさせるモダンで存在感のあるブルーガラスと「Gap」の世界観をイメージさせるクリーンで爽やかなクリアガラスのコントラストが店内の特徴となっている。

■「Gapフラッグシップ原宿」 オープン日:2011年3月3日 所在地:東京都中央区銀座4丁目2番11号 電話番号:03-5524-8777(Gap) / 03-5524-8778 (Kid’s,baby) 営業時間:11:00 ~ 21:00 商品構成:Gap、GapKids、babyGap、GapBody、Personal Care 商品 フロア構成:1-2F) Women’s 3F) Men’s 4F) Kids & Baby

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング