Fashion

イッセイミヤケから初のアイウェアコレクション

 「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」が、2011年よりブランド初のアイウェアコレクションをスタートする。ISSEY MIYAKE アイウェアは、コンセプト・デザイナーに津村耕佑(つむらこうすけ)を迎え、フランス・サバスボア社と三宅デザイン事務所とが共同開発。国内での展開は4月よりサングラス12型、価格は29,400円から31,500円(税込)を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 「ISSEY MIYAKE」のアイウェアコレクションは、コンセプトである「STREAM」に基づき「見たい」という好奇心を抱いた瞬間に生じる思考の"流れ"を表現したもの。静かで穏やかな"流れ"や渦状で勢いのある"流れ"のイメージを反映し、シンプルかつ斬新、シャープでありながら快適な付け心地を実現。またフィンは最新技術を用いたオリジナルで製作されており、ブランドのスピリットを体現した革新的かつ機能的なアイウェアに仕上げている。

 コンセプト・デザイナーに起用された津村氏は、都市型サバイバルウェアを展開するブランド「FINAL HOME」のディレクター。1983年に三宅デザイン事務所入社後、1994年FINAL HOMEブランド創立。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授を務める等、デザインやアート、建築の分野に渡り活動を行っている。「ISSEY MIYAKE」は、3月11日に同社全ブランドを集約した特別複合店「ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE(エルトブ テップ イッセイ ミヤケ)」を東京・銀座にオープンする。アイウェアコレクションは、同店を含む国内4店舗のみで取り扱う予定だ。

■ISSEY MIYAKE アイウェア 取り扱い店舗:ISSEY MIYAKE AOYAMA         ELTTOB TEP SEMBA         ELTTOB TEP GINZA(3月11日オープン)         ISSEY MIYAKE KOBE

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング