Fashion

LOUIS VUITTONのデジタル&フェティッシュなショーにケイトモス

LOUIS VUITTON 特別サイトより
 パリ・ファッションウィーク最終日、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が2011-12年秋冬コレクションを発表した。ネットを通じて最新コレクションのランウェイショーを生中継。4機のリフトから登場するフェティッシュな淑女たちや、ラストルックのKate Moss(ケイト・モス)が世界中の注目を浴びた。
— ADの後に記事が続きます —

 3月1日より9日間に渡って開催されてきたパリ・ファッションウィークは、9日に閉幕を迎えた。最終日のトップバッターは、デザイナーMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)が手がける「LOUIS VUITTON」。漆黒の特設テントを会場に、定刻の午前10時(日本時間で午後6時)にショーがスタートした。

 スクエア型の広いランウェイ中央には、クラシックな装飾が施された4機のリフトが設置され、ドアマンが下階から上がってくるモデル達を送り出すという演出。ファーストルックは清楚な濃紺×ホワイトのトップスにコルセット風のベルト、ボトムはシースルーのタイトスカート。レースやパテントレザー、鮮やかなカラーのファー、丸襟や大きなボタン、ラウンドフォルムでショルダーを強調するなど、フェティッシュな淑女が次々と登場した。看守帽やアイマスク、手錠のように鎖で繋がったバングル、編み上げのハイヒールブーツなど、淑女達は刺激的なアクセサリーを身に付けている。ラストルックはKate Moss。煙草をくゆらせながら、ランウェイをゆっくりと闊歩した。

 「LOUIS VUITTON」は、TwitterやFacebookといったデジタル事業の取り組みに先鋭的。新たな試みは、世界各国6つのTwitterアカウントと25万人以上のフォロアー、5万9000人以上のフレンドを持つFoursquareアカウント、専用のYouTubeチャネルにまで広がっている。Facebookの公式ファンページはブランドに関する最新情報を提供する窓口。今シーズン、公式サイトとFacebookで実施されたショーのライブストリーミングは、世界中のどこにいても会場の雰囲気を味わえ、最新コレクションを誰でもフロントローのベストアングルで見る事を可能に。まるで映画を見るような感覚で、ユーザーを「LOUIS VUITTON」の世界に誘った。

◆公式Facebookページ:http://www.facebook.com/louisvuitton
◆ファッションショー特別サイト:http://fashionshow.louisvuitton.com
◆YouTube専用チャンネル:http://www.youtube.com/louisvuitton

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング