Fashion

ヘインズ 被災地へ1億円相当の肌着を寄付

 へインズブランズ ジャパンが、東北地方太平洋沖地震の被災地に向けて「Hanes(ヘインズ)」や「Champion(チャンピオン)」、「Playtex(プレイテックス)」の肌着など総額1億円相当を救援物資として無償提供する事を発表した。具体的な寄贈方法については、最善の方法で迅速に実施するとしている。

— ADの後に記事が続きます —

 へインズブランズ ジャパンは3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の支援のため、希望小売価格で総額1億円ほどの衣料品を支援物資として贈る事を発表。同社が展開する「Hanes」や「Champion」からは、肌着やTシャツ、スウェットシャツ、スウェットパンツなどを用意。女性用には同社展開の女性下着ブランド「Playtex」からショーツやブラジャー、この他にもソックスなどを手配する予定だ。

 11日の地震発生後、国内アパレル・小売り会社が続々と発表している被災地への支援。衣類の支援としては、通販大手ニッセンが男性・女性の肌着等、計17,300点の緊急支援物資を無償提供。「UNIQLO(ユニクロ)」を運営するグローバル企業ファーストリテイリングが、防寒衣料として機能性の高いヒートテックを30万点他衣料品などを現地へ寄贈するとしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング