Fashion

若槻手がける「WC」Tシャツ収益と義援金約3,700万円を寄付

 「WC(ダブルシー)」を手がける若槻千夏が、東日本大震災の被災地における救出活動、復興活動の支援として販売していたチャリティーTシャツの収益が2,739万2,867円となったことを発表した。加えて「WC」から被災地への義援金として1千万円を用意し、収益と合わせて約3,700万円を日本赤十字社を通じて寄付する。また、今後も継続して社会貢献活動を行うため、年間利益の1%を活動費に充てることを決定した。

— ADの後に記事が続きます —

 「WC」がチャリティTシャツを販売したのは、3月18日から3月31日までの13日間。襟と袖の淵が異なるカラーのブラック・レッド・ブルーの3色展開のTシャツで、フロントには「I♡JAPAN」のプリントが描かれている。価格は1枚2,100円で、その収益の全額を寄付する事を目的にWebストアで販売を開始。レディスサイズに加え、特別にメンズサイズも用意した。寄付金総額は4日若槻千夏のブログを通じて発表され、「これからも 私に出来る事 ダブルシーに出来る事 精一杯頑張ります」と締めくくられた。

 ウィゴーが2008年に設立した「WC」は、若槻千夏がデザイナー兼プロデューサーとしてブランドを指揮しているレディスブランド。「クマタン」をブランドのキャラクターに、古着に似合う既製服を展開している。2009年10月には初のオンリーショップを「SHIBUYA109」に出店し、現在では東京・大阪・名古屋に全6店舗を出店。「TOKYO GIRLS COLLECTION(TGC)」にも参加するなど、スタートからわずか2年で人気ブランドの仲間入りを果たしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング