Fashion

アンダーカバー高橋盾 初のドキュメンタリー完成 6月映画祭で公開

Update:
【5/14】チケット販売開始。→完売 詳細は「SSFF & ASIA」公式サイトへ 【6/16】6月18日(土)19時〜仙台UNDERCOVERにて2007-08AW KNIT期の未公開ドキュメンタリー映像(監督:富永よしえ)の上映決定。
a Documentary film of UNDERCOVER
a Documentary film of UNDERCOVER

 「UNDERCOVER(アンダーカバー)」デザイナーの高橋盾(Jun Takahashi)氏が主演するショートフィルムが完成した。タイトルは「a Documentary film of UNDERCOVER」。2011年6月16日より開催されるアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2011」にて先行公開が予定されている。

— ADの後に記事が続きます —

 米国アカデミー賞公認の「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)」は、今年55周年を迎える桐生青年会議所と、市制90周年を迎えた群馬県桐生市の記念事業として立ち上がった「きりゅう映画祭」とコラボレーションし、桐生市を舞台としたショートフィルムの製作に協力。「SSFF & ASIA」で過去にノミネート・受賞した新鋭クリエイターらによる、郷土の魅力が溢れる4作品の出品が決定した。

 「桐生プログラム」4作品のひとつ「a Documentary film of UNDERCOVER」に主演するアンダーカバー代表の高橋氏は、群馬県桐生市の出身。桐生青年会議所からのオファーを受け、記念事業の一環として初のショートフィルムの制作に至った。監督は永戸鉄也氏、撮影はフォトグラファーの守本勝英氏が担当。2011年3月2日にパリで行った「UNDER COVER」2011-12年秋冬コレクション発表までを追ったドキュメンタリーで、高橋氏が3年ぶりのショー開催するまでの約3ヶ月間が収められている。織物の街、桐生の工場での作業風景も交えつつ、高橋氏が如何にデザインし、如何にしてその服は作られるのか。東京、桐生、パリを舞台に高橋盾の"今"を描いた。作品について高橋氏は、「パリコレに3年ぶりに参加することとなり、丁度いろいろと変化が起きている時期で、それを映像で表現するのは面白いと思いました。"今"を切り取ることで作り出されるメッセージを、映像作品として皆さんにご覧になっていただければと思います」とコメントしている。

 「桐生プログラム」の4つの作品は、6月16日~26日に表参道ヒルズ スペース オーなどを会場に開催される「SSFF & ASIA 2011」にて世界プレミア上映を予定。前売りチケットは5月14日より販売が開始する。続いて7月24日には「きりゅう映画祭」で公開を予定。いずれも、東日本大震災の被災地へのチャリティーを目的とした映画祭として開催が計画されている。

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア:http://www.shortshorts.org/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング