Fashion

1800名超が行列「大阪ステーションシティ」開業

Image by: Fashionsnap.com
 西日本旅客鉄道が5月4日、「大阪ステーションシティ」を開業した。ノースゲートビルディングに位置する「JR大阪三越伊勢丹」や「LUCUA(ルクア)」には、始発からオープンを待ちわびた人が館外に並びはじめ、9時の時点で両店あわせて約1850名が行列。10時オープン予定を45分と大幅に早め、9時15分にグランドオープンを迎えた。オープン後は、入場制限等がかかるなど両施設ともに賑わいをみせている。
 

 「大阪ステーションシティ」内のノースゲートビルディングに隣り合って建つ「JR大阪三越伊勢丹」と「LUCUA」は、ファッションエリアとしてオープン前から注目を集めていた。オープン初日には、4時半の駅のシャッターが開くのと同時に最初の客が訪れ、オープン前までに「JR大阪三越伊勢丹」の前には約950名、「LUCUA」には約900名が行列。オープンに先駆けて両施設が実施したカード会員を対象とした内覧会では、18時までの短縮営業ながら16万人が来場し混雑となった事などをふまえて、45分ほど時間を早めてグランドオープン。ゴールデンウィーク真っ只中という事から、家族連れやカップル、お年寄りなど幅広い層の人々が訪れ、オープンから1時間弱で2万2千人が来店。玄関口である「アトリウム広場」をはじめ駅構内では両施設に入るための入場制限がかけられている他、店内でもエレベーター前で上の階へと上がる際の制限がかけられるなど、大盛況となっている。

 グランドオープンを迎えJR西日本SC開発のルクア代表中山健俊氏は「駅直結の施設でこんなに素晴らしい場所は世界のどこにもないのでは。シティと呼ぶにふさわしい空間」と自信を覗かせた。また、JR大阪三越伊勢丹の伊藤達哉店長は「昨日の内覧会に来店した人からは、今まで大阪にはない店舗ですねとの声を多く頂いている」と話した。続けて、オープンにあたり震災に配慮する意味でテープカットなどをはじめとするレセプションを実施しなかったことについて、「不安もあったがこのように多くの人が来店してくれて期待値が高いと感じている。初年度の売り上げ目標は550億円。大阪から日本を元気にしていくつもりで日本を盛り上げていきたい」と笑顔を見せた。オープン日は、両施設あわせて40万人の来店客数を見込んでいる。

■「JR大阪三越伊勢丹」と「LUCUA」の中身を大公開
 URL:https://www.fashionsnap.com/inside/isetan-lucua-all/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング