Fashion

マルイが関東7店舗で下取りチャリティー実施

 丸井グループが5月6日より9日まで、東日本大震災の被災地支援を目的とした「衣料品下取りチャリティー」を実施する。実施店舗は東京都内を中心とした丸井全7店舗で、衣料品の受付1点につき丸井全店で使用可能な200円割引券を贈呈。集まった衣料品は、被災地へ同社グループの物流会社ムービングが直接届ける予定だ。

— ADの後に記事が続きます —

 丸井グループの「衣料品下取りチャリティー」は、4月の開催に続く第2回目。5月の開催では、前回の開催よりも都内寄りの新宿マルイ本館、マルイシティ渋谷、吉祥寺店、マルイシティ池袋、町田マルイ、上野マルイ、 マルイファミリー溝口の全7店舗が対象。春夏物衣料で新品や新品に近い婦人服や紳士服をはじめ、新品の肌着、靴下、子供服、スポーツウエアなどの下取りを行う。受付は1度に25点までで、受付1点につき200円の割引券をプレゼント。割引券は、税込2,000円のお買物につき1枚利用可となっている。また、集まった衣料品については被災地へと届けられる他、一部衣料品につ いてはチャリティーバザー等で販売し、その売り上げをNPO法人日本救援衣料センターに寄付するなど有効活用する。

 第1弾の「衣料品下取りチャリティー」は北千住マルイ、マルイシティ横浜、大宮店、マルイファミリー 志木の全4店舗を対象に4月14日〜17日、有楽町マルイで4月23日〜26日の期間で実施。約1万人から衣料品が持ち寄られ、11万点を超える衣料品を集める結果となった。同社は今回の開催に続き、5月下旬・6月上旬も丸井複数店舗にて「衣料品下取りチャリティー」を実施していく予定だ。

■マルイ下取りチャリティー URL:http://www.0101.co.jp/80shitadori/index.html

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング