Fashion

資生堂が発行する「花椿」が創刊74周年でiPad、iPhone版を限定配信

Image by 資生堂
Image by: 資生堂

 資生堂の発行する企業文化誌「花椿(はなつばき)」が、電子書籍化(iPad、iPhone版)し期間限定で配信される。内容は「花椿」2011年4月、5月号の掲載内容や特典付きのスペシャルコンテンツなどで2011年8月31日までの期間、アップストアで無料ダウンロード可能になっている。今年で創刊74周年を迎える「花椿」は、ファッションに関心の高い読者から支持を得る一方、若年読者の減少が課題となっている。

— ADの後に記事が続きます —

 「花椿」は、資生堂の愛用者組織「花椿会」の発足に合わせて1937年11月に創刊した月刊の企業文化誌。1940年代は休刊していたが1950年6月号から復刊。2010年には復刊60周年を迎えている。2007年からはビジュアル中心の「みる花椿」と読み物を中心とした「よむ花椿」を交互に発行。「人が美しくなるために必要なもの」の本質を見出すために、常にグローバルな視点で時代の先端を見つめ、常に新鮮な「美」と「和」を発信している。

 iPad、iPhone版の「花椿」では、PDF化した「よむ花椿」4月号と「みる花椿」5月号の全ページが閲覧できるほか、スペシャルコンテンツを用意。5月14日オープン予定の「SHISEIDO THE GINZA」のフロアガイドや各サービス・コンテンツ紹介、「みる花椿」の体感映像、音やイメージ写真と共に小説を見ることができる体感小説などを展開する。そのほか、「花椿」アートディレクター仲條正義氏のイラストカットが無料でダウンロードできるなど様々な特典付き。資生堂は「花椿」の電子書籍化について「電子書籍という新たなメディアに対する実験的取り組み」としており、今後の展開は読者アンケートやダウンロード数などを分析した上で決定するとしている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング