Fashion

VOGUE & GQ×ユニクロでチャリティT発売 ガガ、ラガーフェルド、エルバスら参加

Image by: コンデナスト
 「VOGUE JAPAN」と「GQ JAPAN」が、「SAVE JAPAN! PROJECT」の活動に賛同し新プロジェクト「FASHION UNITE FOR JAPAN」を発足する。第1弾としてレディー・ガガやカール・ラガーフェルドら世界的に活躍するアーティスト、デザイナー10人が参画したチャリティTシャツを発売。2011年6月25日から全世界の「UNIQLO(ユニクロ)」で展開をスタートする予定となっており、これによる販売収益から1億円が被災地へ寄付される。

 「SAVE JAPAN! PROJECT」は、アートディレクターのムラカミカイエ氏が発足したプロジェクトチーム。東日本大震災の発生から6時間後にはTwitterやFacebookを通じて情報伝達するための地域別震災情報ポータルサイトを開設。被害状況や安否確認など、被災者に有用な情報の伝達に貢献し続けている。この活動趣旨に賛同した「VOGUE JAPAN」と「GQ JAPAN」は、メディアパートナーとして支援プロジェクト「FASHION UNITE FOR JAPAN」を発足することを決定。プロジェクト第1弾となるTシャツには、レディー・ガガやカール・ラガーフェルド、ニコール・キッドマン、グウィネス・パルトワ、アルベール・エルバス、ヴィクトリア・ベッカム、シャーリーズ・セロン、オーランド・ブルーム、ブレイク・ライブラリーら世界で活躍する著名人10名が参加。応援メッセージをデザインしたTシャツ10型を世界同日発売する。

 レディー・ガガは、昨年来日した際にファンがガガのバッグに書いたメッセージを再編集したデザイン。カール・ラガーフェルドは自身のスケッチに「愛・希望・勇気」というメッセージをデザインしているほか、ドラマ「gossip girl」のセリーナとしても知られる女優ブレイク・ライヴリーはフロントに大きな蝶と詩をプリントしたTシャツを提案している。

 チャリティTシャツは日本、アメリカ、イギリスなど「ユニクロ」が出店している11の国と地域で展開するほか、一部ではオンラインストア(EC)での販売も実施される予定。「FASHION UNITE FOR JAPAN」によるTシャツプロジェクトの利益約1億円は、日本赤十字を通して東日本大震災の復興支援のため寄付される。

■VOGUE JAPAN ウェブサイト
http://www.vogue.co.jp/charity
■GQ JAPAN ウェブサイト
http://gqjapan.jp/charity

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング