Fashion

創業95年の伝統工芸とアートが融合 ジャイルで能作展覧会

Image by GYRE
Image by: GYRE

 表参道の商業施設GYRE(ジャイル)が2011年5月31日から6月12日までの期間、高岡 能作の展覧会「能作展-NOUSAKU_ism」を開催する。鋳造メーカー 能作の伝統ある「ものづくりの歴史」に触れることができる貴重な展示。同時期に展開されるジャイルのシーズナブルディスプレイも能作によるもので、8月中旬まで館内中央の吹き抜けスペースに飾られている。

— ADの後に記事が続きます —

 大正5年に創業した株式会社 能作は、"商工業の町"として発展を遂げた高岡市で仏具製造や茶道具、風鈴、花器、インテリア商品などを通して伝統工芸品である高岡銅器を手掛けている。能作は、用途や製品に応じた高度な鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用いた味わいある製品が特徴。常に「能」の詰まった味わいと「作」への好奇心を形にしたものづくりに挑戦し続けており、長い歴史の中で培われた伝統や技術、精神を今の時代に照らし合わせ次の世代へと受け継いでいる。

 「能作展-NOUSAKU_ism」では、伝統鋳物を製作する高岡 能作のものづくりの深世界を体感することができるのが魅力。能作の伝統、技術、精神を現代に昇華した作品をカメラマン鈴木 心が撮り下ろした写真を展示しているほか、実際に商品を購入することができるコーナーも設けられている。

■能作 http://www.nousaku.co.jp/ 会期: 2011. 5. 31(火)− 6. 12(日)11:00 − 20:00 入場無料 会場:EYE OF GYRE/GYRE 3F 東京都渋谷区神宮前5-10-1 T: 03-3498-6990

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング