Fashion

スーパークールビズ初日 環境省共催ファッションショー日本橋で開催

SUPER COOLBIZ 2011 キックオフ・イベント
Image by: Fashionsnap.com
 環境省が掲げる「SUPER COOLBIZ」本格実施初日の6月1日、三越日本橋本店でキックオフ・イベントが開催された。より一層の軽装や暑さをしのぐ工夫を提案することを目的に実施されたイベントには松本 龍環境大臣や小池 百合子元環境大臣の他、ガレッジセールやスリムクラブなど沖縄出身の芸人が参加。「SUPER COOLBIZ」のスタイルを披露するファッションショーには各局の男性アナウンサーが登場し、会場を盛り上げた。
— ADの後に記事が続きます —

 環境省は東日本大震災の発生により長期的な節電の必要性を踏まえ、2011年はクールビズの期間を5月1日~10月31日と制定。これに加え、クールビズを通じた節電や温暖化防止の取組みが本格的に実施される6月からを「SUPER COOLBIZ」と定め、普及啓発をさらに強化すると発表している。「SUPER COOLBIZ」が推進する5つの具体的な取り組みのなかでも、最も注目を集めているのがファッション。ノー上着はもちろん、かりゆしやポロシャツ、Tシャツを活用するなど、例年以上の軽装を推奨している。

 「SUPER COOLBIZ 2011 キックオフ・イベント」は、松本現環境大臣をはじめこれまで環境大臣を勤めてきた4名の国会議員のクールビズ宣言からスタート。沖縄の伝統的な衣服であるかりゆしを着用した小池元大臣とともに、同じくかりゆしを着こなしたガレッジセールやスリムクラブなどが登場した。「SUPER COOLBIZ」の着こなしを提案するファッションショーでは、百貨店内の様々なブランドのアイテムを使用し、今夏活用できるコーディネートを展開。メンズやレディスのオフィスシーンを中心に、幅広いコーディネートを披露した。さらにショー終盤には、日々"節電"や"暑さ対策"のニュースを読み上げているTBSや日本テレビ、テレビ東京、テレビ朝日、NHKのアナウンサーがノーネクタイのお手本スタイルで登場。アナウンサーらは「話す事ができない仕事がこんなにつらいとは」とモデル初体験に緊張しながらも、「さらっと着心地が良い。一着欲しい」と"スーパークールビズスタイル"を気に入った様子を見せていた。

 環境省は6月15日に第2弾、7月6日に第3弾のイベントの開催を予定。今後も、各方面の連携や協力を深め、より一層の軽装や暑さをしのぐ様々な工夫を呼びかけていく。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング