Fashion

きゃりーぱみゅぱみゅ完全監修ジブリCD 発売記念で握手会

Image by: Fashionsnap.com
 きゃりーぱみゅぱみゅが6月8日、自身が完全監修したスタジオジブリのカヴァー・コンピレーション・アルバム「きゃりーぱみゅぱみゅのジブリセット」の発売を記念して東京・世田谷区のヴィレッジヴァンガード下北沢店で握手会を行った。会場には遠方から訪れた人や仕事帰りのサラリーマン、中学生など幅広いファンが来場。握手の他、変顔チェキを一緒にとるなど、約1時間かけてファン1人1人と交流した。

 スタジオジブリの名曲は、これまでも様々なアーティストやプロデューサーによってリミックスCDとしてリリースされている。なかでも「キラキラジブリ」シリーズはクラブやダンスミュージックのようにアレンジされており、ロングセールスを続けているという。「きゃりーぱみゅぱみゅのジブリセット」は、「キラキラジブリ」を手がけた製作陣のもと、きゃりーぱみゅぱみゅが選曲や楽曲アレンジ、デザインを完全監修。原宿らしいジブリリミックスCDとして製作されている。自身もジブリが大好きだというきゃりーぱみゅぱみゅは、数多くの名曲のなかから「カントリーロード」や「君をのせて」、「風の通り道」など全9曲をセレクト。これに自身が行ったメガミックス曲を収録し、全10曲入りのアルバムが完成。理想の曲に仕上げるため何度もアレンジを加えたため、完成までに約半年の期間をかけたという力作に仕上がっている。

 きゃりーぱみゅぱみゅは、握手会の会場となったヴィレンジヴァンガード下北沢店に、古着に「American Apparel(アメリカンアパレル)」のスカートを合わせたポップなファッションで現れた。今作について「原宿をイメージしてピコピコ音をたくさん入れて明るいジブリに仕上がっています」と仕上がりに満足な様子。最も気に入っている曲は「さんぽ」だと言う。現在、ワーナーから8月に発売されるミニアルバムに向けて日々歌の練習など多忙な日々を送る彼女だが、中田ヤスタカによってプロデュースされることについて「もともと中田さんがつくる曲が大好きだったのでとても嬉しい。歌はずっと好きだったけど自分がまさか歌手になれるなんて本当に夢みたい」と笑顔。そして「PerfumeさんやMEGさんのような曲になるのかなって思ってたけど、私の楽曲はまた全然違って新しい感じに仕上がっています!」と語った。中田ヤスタカプロデュースのデビューアルバムは8月17日にリリースされる予定。

 なお「きゃりーぱみゅぱみゅのジブリセット」の発売記念イベントは、6月11日には原宿のニコニコ本社にて、25日には越谷レイクタウンでも行われる。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング