Fashion

matohuが杉本博司 展覧会場でファッションショー開催

matohu 黒織部 photo ヤマザキハヤト
matohu 黒織部 photo ヤマザキハヤト

 日本の美意識をベースに新しい服を創造している「matohu(まとふ)」が、香川県「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」で開催中の展覧会 「杉本博司 アートの起源|歴史」の関連プログラムとしてミニファッションショーを行う。開催は7月23日。震災の影響で3月開催の東京コレクション(JFW)が中止となったため、ブランドにとって今季初のショーとなる。

 ニューヨークを拠点に活動する写真家 杉本博司を1年にわたって紹介している「杉本博司 アートの起源」では現在、第3弾となる「歴史」展を開催している。20世紀の優れた女性服は彫刻としての美を備えていると考えた杉本博司の作品「スタイアライズド スカルプチャー」を日本で初めて公開するなど、話題の作品を数多く展示。様々な歴史を読み解きながら、人類の意識の起源に迫っている。

 杉本博司による壮大な展示空間の中で、独自のコンセプトで服作りを行っているブランド「matohu」によるミニファッションショーの開催が決定。2011-12年冬コレクションは震災の影響でムービー形式の発表に切り替えたため、「matohu」にとって今季初のショー形式での発表となる。中心アイテムは、定番として毎シーズン作り続けている「長着(ながぎ)」。明確な美意識のもと、洋服への新しい視点を開こうとしている服が繰り広げられる。

 また、ショーに続いて「スタイアライズド スカルプチャー」で撮影された貴重な洋服を所蔵する、京都服飾文化研究財団理事・チーフキュレーターで服飾研究の第一人者である深井晃子を迎え、「matohu」 の堀畑裕之・関口真希子の2人との対談を開催。杉本作品を起点に、ファッションについて縦横無尽に語られる予定だ。ショー・対談の観覧受付は、7月2日より開始する。


■映像・画像:matohu 最新2011-12年秋冬コレクション
 /collection/matohu/2011-12aw/

■杉本博司 アートの起源|歴史 関連プログラム  matohu ミニ ファッションショー 対談:深井晃子× matohu  日時:2011年7月23日(土) 19:00開場、19:20開演      21:00 終了予定  場所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 香川県丸亀市浜町80-1 ◎チケット 100 枚限定(全席自由、先着順)  料金:2,000 円(当日の展覧会観覧料含む) 「杉本博司 アートの起源」年間パスポートをお持ちの方、大学生以下、MIMOCA FRIEND 会員1,500 円  購入受付:2011年7月2日(土) 10:00 より  購入方法・詳細:http://www.mimoca.org/ja/events/2011/07/23/187/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング