Art

異色テクスチャと肉体の共演 フェティッシュな世界を感じる谷敦志個展

Image by: ポスターハリスギャラリー
 フォトグラファー谷敦志の個展「ポップでフェティッシュな日常が今日もダラダラ続く!」が東京・渋谷のポスターハリスギャラリーで開催される。雑誌「BURST(バースト)」などの誌上で作品を発表してきた谷敦志は、様々な方法で異化された人間の肉体をビジュアル化する写真家。同展では、フェティッシュを連想させる素材を用いてモデルとの間に不思議なフォルムを形成した作品をおさめた写真が並ぶ。会期は8月27日から9月5日まで。

 「異才写真家・谷敦志が混沌の時代に向けて放つCoolでおバカで大丈夫な写真たち」をキャッチコピーに開かれる個展「ポップでフェティッシュな日常が今日もダラダラ続く!」。ラテックスやチューブから成る鈍い質感の物体やシャイニーなテキスタイルを肉体にまとわりつかせて、反発するモデルの肉体との間で形成される不思議なフォルムを谷ならではの視点で撮影。得体のしれない物体を体に纏いながらもなぜか平然とした雰囲気のモデル達を通して、破滅と背中合わせの危機(クライシス)と伴走する日々から滲み出してくる、人間の根源的な生命力と"黒い笑い"を表現している

 谷敦志はゴシックテイストな写真を中心とするフォトグラファーで、「DUNE(デューン)」「夜想」「トーキングヘッズ叢書」などの雑誌で作品を掲載。2008年にはフランス語圏で人気を誇るアーティスト、Mylène Farmer(ミレーヌ・ファルメール)からのオファーにより、アルバム「Point de Suture」 のジャケット、ブックレットの撮影を担当している。2010年には新たな取り組みとして男性の肖像写真のみの個展「男のポートレート」を開催。書籍やCDジャケットなどのビジュアル写真の撮影を多数手掛ける傍ら、パリやローマをはじめとした海外でも個展を開いている。

■谷敦志個展「ポップでフェティッシュな日常が今日もダラダラ続く!」
会期:2011年8月27日(土)~9月5日(月)
時間:13:00~19:00
場所:渋谷 ポスターハリスギャラリー
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝香ビル103号
TEL : 03-5456-7218
FAX : 03-3463-2992
   

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング