Fashion

コスチューム ナショナル、ギャラリーやバー併設の複合ビルを青山にオープン

CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex
CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex
 伊ブランド「CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」が9月1日、新たな旗艦店を中心とした複合ビル「CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex(通称=CNAC)」を東京・青山にオープンした。アーティスト兼植物学者のPatrick Blanc(パトリック・ブラン)による巨大作品が設けられたバー「WALL」や、実験的なエキシビジョンを行う「LAB」を併設。日本においてブランド展開を本格リローンチするとともに、ジャンルを横断した3つの空間から先鋭的なコンテンツを発信する。
 

 チーフデザイナーEnnio Capasa(エンニョ・カパサ)と、その兄のCarlo Capasa(カルロ・カパサ)によって1986年にスタートした「CoSTUME NATIONAL」は、2011年でブランド創立25周年を迎える。CNジャパンが運営する複合施設「CNAC」は、南青山の閑静なエリアに建設。総合ディレクションをEnnio Capasaが手がけ、設計は岡山伸也が担当した。

 「CNAC」1Fの3つのフロアはトータルで約100坪。Ennio Capasaがデザインする旗艦店「CoSTUME NATIONAL Aoyama」では、最新コレクションに加えてストア限定商品が順次リリースする。カウンターバーと屋外テラスからなる「CNAC WALL」は、フランスの現代美術作家Patrick Blancによる植物の壁「バーティカル・ガーデン」が最大の特徴。セラーには常時500本前後がストックされ、厳選されたワインやシャンパン、カクテルなどが提供される。「CNAC LAB」は、コンテンポラリーアートの映像作品や現代美術、建築、デザイン等、様々な分野のイベントを定期的に行っていくアートギャラリー。オープン日から1ヶ月間、建築家 中村竜治の会場構成によるアーカイブ展「CoSTUME NATIONAL : 25th History」が開催される。

 Ennio Capasaはオープンに合わせて来日。東京に居住経験がある同氏にとって「Homeのような場所」とする青山エリアへの出店について、「エレガントで洗練され、世界でも有名な青山はCoSTUME NATIONALのあるべき場所。ピュアでタイムレスな空間に仕上がって満足している」と話し、Patrick Blancらの感性とブランドの哲学が凝縮された新しい発信地の誕生を多くのゲストらと祝った。

■CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex
 住所:港区南青山 5-4-30
 2011年9月1日オープン予定

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング