Fashion

さいたまTGCに3万人が集結、ガールズパワーは台風にも負けず

Update:

開幕記事はコチラ
第13回TGC開幕 "モード&フェティッシュ"なランウェイで幕開け

SERENE Dept.
Image by: Fashionsnap.com
 日本最大級のファッションフェスタ「第13回 東京ガールズコレクション2011 AUTUMN/WINTER(=TGC)」が本日、さいたまスマイルアリーナ(さいたまスーパーアリーナ)で開催された。17ブランドのファッションショーのほか、スペシャルステージに総勢約100名のモデルやゲストが出演。述べ人数約3万人の観客が歓声を上げた。
— ADの後に記事が続きます —

 2011年秋冬シーズンを彩る13回目の開催を迎えた今回、アジアなど海外メディアを含めて集まった報道陣は215社740人。来場者数は述べ約3万人を記録した。"60'S"、"レトロカラー"、"ファーアイテム"をトレンドキーワードに、TGCらしい華やかなファッションがステージに登場。その模様は、YouTubeニコニコ動画を通じて生中継しリアルタイムで全世界に配信された。

 司会を務めたのは、お笑い芸人のケンドーコバヤシとタレントの藤本美樹。オープニングは、スタイリスト野口強氏のプロデュースによるオリジナルコレクション「TGC SPECIAL COLLECTION 'THE NIGHT PORTER'」。イタリア映画「THE NIGHT PORTER(愛の嵐)」をテーマに"モード&フェティッシュ"なランウェイを披露した。東京スタイルから今秋デビューした「SERENE Dept.(セレーヌデプト)」では、ブランドアンバサダー「Central Park Girls Club=C.P.G.C.(セントラル・パーク・ガールズ・クラブ)」を務めるモデルの木下ココ、女優の河北麻友子、アーティストMay J.(メイジェイ)らが登場。その他、「H&M(エイチ&エム)」が、オレンジなど使用したレトロなスタイルを展開。「American Apparel(アメリカン・アパレル)」がミュージカル調のダンスパフォーマンスを行うなど、計17ブランドが最新コレクションで観客を魅了した。フィナーレを飾ったのは「Beauty Bar KEITA MARUYAMA(ビューティー・バー・ケイタ・マルヤマ)」。デザイナー丸山敬太が、自身の得意とするトラッドをベースにキュートにガーリーなエッセンスを加えた新ブランド。アニマルモチーフやファーを取り入れたルックで吉川ひなの、水原希子らが登場した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング