Fashion

sacai初のショップ公開 店舗デザインは藤本壮介

sacai フラッグシップストア

 デザイナー阿部千登勢氏が手がける「sacai(サカイ)」が2011年9月10日、ブランド創立13年目にして初の単独直営店を東京・南青山にオープンする。ショップデザインは、国内外で活躍する建築家の藤本壮介氏が担当。古い壁と新しい壁、緑やガラスが入り組み、「sacai」の世界観が詰まったラビリンスが誕生した。

 初の「sacai」フラッグシップショップのコンセプトは、様々な人、物、文化が混在して進化し、独特なミックスカルチャーを生み出す東京をベースに物づくりをするデザイナー阿部氏が感じるリアル。一貫したコンセプト「日常の上に成り立つデザイン」に基づいた「sacai」(ウィメンズ・メンズ)と「sacai luck」全ラインが揃う初の直営店となる。各コレクションの枠を越え、様々なスタイルを提案。コレクションピースとは別に、このショップだけで展開される限定アイテムをプラスし、既成概念にとらわれない自由なアイディアを発信する。

 出店場所は、南青山の表参道と骨董通りに挟まれた閑静なエリア。店舗面積は1階と2階のトータルで約280平方メートル。様々な資材を使用した店内は、自然と人工物、外と中、新と旧など相反する要素を融合。むき出しのコンクリートと純白の壁のコントラスト、ガラスに囲まれた廊下と部屋、光と緑の演出により、「sacai」の世界に自然と迷い込んでしまうような異空間が広がっている。1階のエントランスフロアのインスタレーションは自由な発想で変化。オープニング時には草花が飾られ、1階ではボタニカルペン、2階ではボーレングラスなどの雑貨を販売する。

 1999年に5型のニットからブランドをスタートした阿部氏は、「sacai」の考えるエレガントな「ニュースタンダード」を表現し続け、現在ではパリでコレクションを発表。2010年より「MONCLER S(モンクレール S)」のデザイナーに就任するなど活躍の幅を広げている。 自身にとっても待望となるショップの完成を目にし、「sacaiの世界をより多くの人に感じてもらいたいと思い、オープンまでたどり着いた。部屋によって異なる様々なスタイルを楽しんでもらえたら嬉しい」と話した。


■デザイナーインタビュー
 デザイナー阿部千登勢「sacai」の全て

■sacai 2011年秋冬 全ルック

■sacai フラッグシップショップ  
住所:東京都港区南青山 5-4-44 南青山シティハウス A-1F, 2F  
TEL: 03-6418-5977(9/10〜)  
営業時間:12:00-20:00  定休日: 不定休

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング