Fashion

青山に西海岸のリラックス空間、JAMES PERSEアジア初の路面店

Image by: Fashionsnap.com

 ロサンゼルス発のカジュアルウェアブランド「James Perse(ジェームス・パース)」が、東京・青山にアジア初の路面店「James Perse Aoyama」をオープンした。カットソーをメインに国内展開されてきた「James Perse」の世界観を表現するショップとして、ブランドの定番アイテムやシーズンコレクションの他、国内初上陸となるスポーツライン「YOSEMITE(ヨセミテ)」を揃えている。

 ブランドを立ち上げたJames Perse(ジェームス・パース)は、1994年にロサンゼルスで自身の名前を冠したブランド「James Perse」としてTシャツラインをスタート。1996年にはファーストコレクションとしてウィメンズのカットソーを発表し、その後ジャケットやニット、パンツ、ドレスなどを含めたハイクオリティなベーシックライン「Standard James Perse」とLAリアルクローズライン「James Perse Los Angeles」の2ラインでの展開を開始した。1998年にはメンズコレクションを発表。現在ではアメリカに15店舗のショップをオープンしており、ハイクオリティなカジュアルウェアブランドとしてハリウッドをはじめビバリーヒルズ、マリブなどのセレブリティに絶大な人気を誇っている。

 アジア初の路面店「JAMES PERSE AOYAMA」では、ブランドを代表するアイテムであるカットソーをはじめ、シャツやパンツ、ドレスなど「JAMES PERSE」のフルラインコレクションを揃える。また、日本初の展開となるヨガ、サーフィン、サイクリングなどのアクティブシーンで活躍するスポーツライン「YOSEMITE」やホームウェアを中心としたラウンジラインをラインナップ。さらに西海岸を代表するシューズブランド「SEAVEES」との別注スニーカーや、ビーチ、建築、ロック&ロールといった「JAMES PERSE」の世界観を伝える洋書も並ぶ。

 セレクトショップなどで展開されてきた「JAMES PERSE」のカットソーは、国内のファンが増えているという。カットソーに加えて年に6回発表されるシーズンコレクションを揃えるショップには、ブランドの世界観を存分に体感できるということから、「日本初上陸でここでしか手に入らないライン『YOSEMITE』をはじめ、すでに品薄の商品が多数。ブランドの方針から看板を大きく出していないが、噂を聞いて来店する人が多い」と広報担当者は話す。店内にはオリジナルのソファやサーフボード、ビーチクルーザー、卓球台などがディスプレイされ、暖かな西海岸のライフスタイルを取り込んだくつろぎのある空間を演出している。

■ジェームス パース 青山店 住所:東京都港区南青山5-5-2 Tel:03-6418-0928 営業時間:11:00~20:00 無休 URL:http://www.jamesperse.com/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング