Fashion

荒木飛呂彦氏も来店 グッチ新宿リニューアルに露伴原画展&日本限定スニーカー

漫画家 荒木 飛呂彦氏
Image by: Fashionsnap.com
 「GUCCI(グッチ)」が9月17日、クリエイティブ・ディレクターFrida Giannini(フリーダ・ジャンニーニ)による新デザインコンセプトでグッチ新宿フルリノベーションし、リニューアルオープンする。オープンに先駆けて開催されたパーティーでは、3階イベントスペースで行われる書き下ろし短編「岸辺露伴グッチへ行く」の原画などを揃えた「岸辺露伴新宿へ行く」展をはじめ、同店で先行発売される日本限定のメンズスニーカーコレクションを初披露。画業30周年を迎える漫画家 荒木飛呂彦氏も祝福に駆けつけた。

 1300平方メートルへと装い新たにオープンするグッチ新宿は、新しいラグジュアリーの概念を打ち出すジャンニーニのビジョンを体現したフラッグシップショップ。ハンドバッグやラゲージなどアクセサリーを集約する1階、ウィメンズウェアからファインジュエリーまでを揃えるM2階、メンズウェアやシューズ、ビジネスバッグなどがラインナップする2階、そしてイベントスペースとしての3階の全4フロアで構成されている。「新しいデザインコンセプトはグッチショップならではのラグジュアリーをさらに強調しながら、今日のグッチのビジョンを体現する新たなデザイン美学を追究しています。」とジャンニーニが語るように、21世紀を迎えた「GUCCI」のコンテンポラリーなスタイルを象徴する店舗となっている。

 リニュールオープンを記念して3階イベントスペースで開催される初の展覧会 「岸辺露伴新宿へ行く」展では、「GUCCI」の歴史と伝統にインスピレーションを得て描かれた荒木氏ならではのオリジナルストーリー16ページと最新の秋冬コレクションのファッションイラストを特別公開。日本限定スニーカーを履いた等身大の岸辺露伴フィギュアも登場している。開催と合わせて、新宿店のウィンドウも「岸辺露伴グッチへ行く」をスペシャルフィーチャー。8メートル幅の大きなウィンドウ拡大されたファッションイラストがディスプレイされ、日本を代表するポップカルチャーであるマンガとファッションの融合をパワフルに表現している。 

 原画展に加え、オープン日よりグッチ新宿で先行販売される日本限定のメンズスニーカーコレクションは、ジャンニーニのデザインによるアイコニックかつ個性的な仕様が特徴。日本限定の証であるシルバータグと「TOKYO」と書かれた特別なラベルが付けられている。さらに人気の「グッチクラフト」トートバッグからも限定アイテムが発売される予定。

■グッチ新宿
住所:東京都新宿区3丁目26番地11号 新宿高野ビル
営業時間:11:00〜20:00 不定休

■GUCCI x HIROHIKO ARAKI x SPUR 「岸辺露伴新宿へ行く」展
会期:9月17日(土)〜10月6日(木)
会場:グッチ新宿 3F イベントホール
※入場無料

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング