Fashion

ポールスミスが東京で初のショー開催、メッセージは「I LOVE JAPAN」

デザイナーPaul Smith Image by FASHIONSNAP
デザイナーPaul Smith
Image by: FASHIONSNAP

 英国ブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」が10月16日、日本初のファッションショー「2012年春夏 Paul Smith MEN & WOMEN ファッション ショー」を東京で開催した。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」の初日を飾るキックオフショーとして、メンズ・ウィメンズを特別編成した2012年春夏コレクションを披露。来日したデザイナーPaul Smithは、「I LOVE JAPAN」をショーのテーマに掲げた。

— ADの後に記事が続きます —

 1980年代に初めて日本に訪れて以来、50回以上来日している親日家のPaul Smithが日本でショーを開催するのは初めて。震災直後にも「日本のスタッフのために。日本のたくさんの友達のために」と単身で日本を訪れているPaul Smithは、日本ファッション・ウィーク(JFW)推進機構からのオファーを受け、震災後に初めて東京で開催されるファッションウィークのために再び来日。スペシャルイベントの開催に至った。

 冒頭で日本への愛をスピーチしたPaul Smithは、BGMにビートルズの「All You Need Is Love(=愛こそはすべて)」を使用するなど、幸福のイメージをショーに散りばめた。鮮やかな色彩やシンプルかつリラックスしたスタイリングに込めたのは、明るい未来への希望。「世界のどこかで災害や戦争が起こったとき、チャリティーや支援することは大事。しかし、友情や対話、ふれあい、心、愛情など、あたりまえの日常に目を向けて大切にすることも大事だと思う」と話した。また、Paul Smithが復興の象徴としているのは「虹」。「毎日が新しい始まり。虹の向こう側には必ず光があるから。」とメッセージを込め、ショーのフィナーレにも七色の服で「虹」表現した。


■ショーの全ルックレポート
 2012年春夏 Paul Smith MEN & WOMEN ファッション ショー:/collection/paul-smith/2012ss/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング