Business

スタートトゥデイが東証一部上場へ、時価総額マザーズ1位

ZOZOTOWN 公式サイトより
ZOZOTOWN 公式サイトより
 ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイが、2012年2月29日付けで東京証券取引所市場第一部銘柄になることが決定した。東京証券取引所から市場変更の指定を受けた16日終値の株式時価総額は、1691億9900万円でマザーズ首位。市場変更に伴い、837万1000株を海外で売出した。売出価格は1株につき1,493円。
 

 1998年に設立したスタートトゥデイは、2007年12月に東京証券取引所マザーズ上場。300店舗以上の国内ブランドショップが出店する「ZOZOTOWN」の他、海外の高級ブランドも取り扱うハイエンドファッションショッピングサイト 「ZOZOVILLA(ゾゾヴィラ)」、アウトレットショッピングサイト「ZOZOOUTLET(ゾゾアウトレット)」を運営し、またメーカーECサイトの支援事業などを推進している。2012年1月には、月商が初めて100億円を突破。同月末に発表された2012年3月期業績予想は、売上高322億円、営業利益85億6000万円、純利益48億円。

 スタートトゥデイは、2011年5月、多言語に対応し世界各国へ配送するグローバルECサイトを開設し、同年10月には中国や韓国のショッピングモールに出店した。上場市場変更及び株式の売出しにより、海外機関投資家層の拡大や流動性の向上を図るとしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング