Fashion

京都で「少女マンガ」テーマのファッションショー

©高橋真琴 Image by 京都国際マンガミュージアム
©高橋真琴
Image by: 京都国際マンガミュージアム

 「少女マンガとファッション」をテーマにしたファッションショーが、3月25日に京都国際マンガミュージアムで開催される。「少女マンガ」からインスピレーションを得た衣類の制作を行うプロジェクト「Kyoto Manga Girls Collection(以下、Kyoto MaGiC)」の一環として実施。少女マンガのベースを築いた作家 中原淳一(なかはらじゅんいち)と高橋真琴(たかはしまこと)の作品をモチーフに制作された浴衣やウエディングドレスなどを発表する。

 「Kyoto MaGiC」は、京都市と京都国際マンガミュージアムが、京都の新産業の創出を目指して実施しているプロジェクト。2011年9月に地下足袋や和服を制作するブランド「SOU・SOU(ソウ・ソウ)」と、オーダードレス専門店「verona(ヴェローナ)」を衣服の商品開発担当に迎え、商品化に向けたデザインの考案や試作品の開発を行ってきた。

 「Kyoto MaGiC」が主催する初のファッションショー「少女たちの夢―中原淳一と高橋真琴の世界」は2部構成で、1部ではランウェイ形式でショーを披露し、2部では衣装を制作したデザイナーらによるトークショーを開催する。ショーでは、中原淳一が生涯を通して作家活動のテーマとしてきた「日本女性の美」に着目し、作品に登場する和装を再現した浴衣などを「SOU・SOU」が発表。また「verona」は、高橋真琴の画を元にフリルやレースをふんだんに使用したウエディングドレスの再現を試み、披露する。

 また、連動イベントとして、展覧会「少女マンガとファッション―中原淳一と高橋真琴の世界」を3月30日から京都国際マンガミュージアムで開催。ファッションに関連するマンガ作品資料をパネルなどで紹介する他、ファッションショーで披露した衣装を展示するスペースを設ける。会期は7月1日まで。

■ファッションショー「少女たちの夢―中原淳一と高橋真琴の世界」  会期:3月25日(日))午後4時〜午後6時(午後3時30分開場)  会場:京都国際マンガミュージアム1階 多目的映像ホール (京都市中京区烏丸通御池上ル)  定員:150名   料金:無料 ※ミュージアム入場料〔大人800円,中高生300円, 小学生100円〕は別途必要  ※事前申し込み制(申込者多数の場合は抽選) ■展覧会「少女たちの夢―中原淳一と高橋真琴の世界」  会期:3月30日(金)~7月1日(日)  開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分))  休館日:毎週水曜日 ※ 5月2日(水)を除く/6月25日(月)~28日(木)はメンテナンスのため休館  会場:京都国際マンガミュージアム2階 ギャラリー4  料金:無料 ※ミュージアム入場料〔大人800円,中高生300 円,小学生100円〕は別途必要

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング