Fashion

ミュベールから初のウエディングドレス

オーストリッチドレス 472,500円 Image by MUVEIL
オーストリッチドレス 472,500円
Image by: MUVEIL

 デザイナー中山路子が手がける「MUVEIL(ミュベール)」が、2012年のプレフォールコレクションで初のウエディングドレスを発表した。イタリアの映画監督Luchino Visconti(ルキノ・ヴィスコンティ)の作品からインスパイアされたプレフォールコレクションから、全3型のドレスを提案。5月末より、予約販売を行う予定。

— ADの後に記事が続きます —

 「MUVEIL」初のウエディングドレスは、シルクをメインに、フリルやスワロフスキー、羽、ラインストーンなどを使用したミニ丈のデザイン。透け感のあるシルク素材にオーストリッチの羽を贅沢にあしらったオーストリッチドレスドレスや、何段にも重なったフェミニンなシルクフリルドレス、光沢感のあるシルクとコットンの混紡素材を使用した上品なフォックスドレスを展開。シルクフリルドレスは、キッズサイズも用意する。価格は、84,000円〜472,500円。

 「MUVEIL」の2012年のプレフォールコレクションのテーマは、「An idol of Visconti」。「ルードヴィヒ」や「ベニスに死す」、「山猫」などLuchino Visconti作品のスクリーンモードからインスパイアされたコレクションで、紳士・淑女をキーワードに、マスキュリンとフェミニンさを共存させ、「MUVEIL」ならではのデカダンを表現している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング