Fashion

NY発「REBECCA MINKOFF」世界初のショップが銀座に

REBECCA MINKOFF 銀座店
REBECCA MINKOFF 銀座店
Image by: Fashionsnap.com
 ニューヨーク発のブランド「REBECCA MINKOFF(レベッカ ミンコフ)」が3月2日、路面店を東京・銀座に開店させた。2フロア構成の店舗は、ブランドの世界観を反映させたモードでクラシックなデザイン。ブランドの代表作「モーニング・アフター・バッグ(MAB)」をはじめ、バッグやウィメンズのウェアコレクションなどを揃える世界で初めての直営店となる。

 現代女性に向けたライフスタイルブランド「REBECCA MINKOFF」は、2005年にデザイナーRebecca Minkoffが創立。2006年よりセレクトショップなどを中心に、日本での展開をスタートしている。2009年に開始したアパレルラインは、サックスフィフスアベニューで販売されており、2011年の春夏シーズンからはニューヨークコレクションで新作コレクションを発表。ウィメンズのバッグやアパレルがメインのシグネチャーブランド「REBECCA MINKOFF」の他、祖父の名前を冠した「BEN MINKOFF(ベン・ミンコフ)」も展開している。レベッカ・ミンコフ社は、2005年から11年までに急速な勢いで成長を続けており、2012年末にはニューヨークのSOHOに路面店を出店する予定だ。

 「REBECCA MINKOFF」は、2012年に東京スタイルとライセンス契約を締結。今回オープンさせたショップは、本国のレベッカ・ミンコフ社が東京スタイルとともに構成を組み立てている。1階にはブランド創立とともに誕生した代表的ばバッグ「MAB」や「モーニング・アフター・クラッチ(MAC)」をはじめ、人気のバッグコレクションをラインナップさせアパレルコレクションも豊富に取り揃える。2階は、ニューヨークの本社でブロガーやセレブを招いて行っている「ガールズナイト」を実現できるように、サロンのようなゆったりとした空間が特徴。手の届きやすい価格設定もブランドの魅力のひとつで、国内でもバッグの中心価格は33,000円、ウェアコレクションはコートで59,000円、ドレスが29,000円で取り扱う。同ショップを旗艦店として、3月3には西武渋谷店、3月14日には新宿タカシマヤ、3月17日には名古屋のlachic(ラシック)に出店。国内では初年度に11店舗を目標に、百貨店やファッションビルへの出店を予定している。

■REBECCA MINKOFF 銀座店
住所:東京都中央区銀座4-2-2
URL:http://rebeccaminkoff.jp/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング