Fashion

1万4千人熱狂 「東京ランウェイ」ロベルト カヴァリのショーで閉幕

豪華モデル総出演のフィナーレ
Image by: 東京ランウェイ
 第1回「東京ランウェイ 2012 S/S」が3月20日、国立代々木競技場第一体育館で開催された。蛯原友里や押切もえ、ヨンアら総勢130名の人気モデルが出演した他、きゃりーぱみゅぱみゅや、AI、シークレットゲストの遊助らがライブを実施。フィナーレはイタリア発の「Roberto Cavalli(ロベルト カヴァリ)」のドレスを纏い、パリコレ経験者の冨永愛や杏をはじめとした総勢15名のモデルのキャットウォークで締めくくられた。

 「神戸コレクション」の10周年、20回目の開催を記念して、「神戸コレクション東京公演」から新たに生まれ変わった「東京ランウェイ」。第一回目の開催となった「東京ランウェイ 2012 S/S」では、「フェミニン」や「ふわゆる」をキーワードに、エスニックやレースアイテム、ペプラムライン(ウエストから下がフレア状になったもの)を盛り込み、「シャーベットカラー」だけにとどまらない春のトレンドを凝縮。「SLY(スライ)」や「rich(リッチ)」、「snidel(スナイデル)」などの人気ブランドが提案する"明日着たい服"に、女の子達の盛り上がりは最高潮となった。シークレットアーティストとして会場を沸かせた遊助は、「ひまわり」など2曲を熱唱。「皆さんに幸せが訪れますように」とメッセージを発信した。また、サプライズゲストとして俳優の林遣都、タレントの岡本夏生が登場。きゃりーぱみゅぱみゅは、前半と後半、異なる衣装でヒット曲を踊りながら歌い、会場を盛り上げた。

 「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」の関連イベントとしての開催ということから、東京コレクションブランドも参加。「motonari ono(モトナリオノ)」は、淡い花模様がプリントされた可憐なワンピースの一方で、ブラックのランジェリーに真っ赤なコートを羽織ったスパイシーなルックを提案し、女性の二面性にクローズアップした。また、「DRESSCAMP(ドレスキャンプ)」は春のトレンド「オールホワイト」を中心に、素材やディテールで単一色に変化をつけ、コレクションブランドらしいステージを展開。さらに、ニューヨーク発の「JILLSTUART(ジル スチュアート)」は、ショーの後にデザイナーがステージに登壇。フィナーレの「Roberto Cavalli」では、ラグジュアリーなドレスが次々と披露された。


■「東京ランウェイ」開幕の様子
東京ランウェイ冨永愛で開幕 ファーストルックはSLY


■「東京ランウェイ」開幕の様子
東京ランウェイ冨永愛で開幕 ファーストルックはSLY

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング