Fashion

ラフシモンズが「Christian Dior」新デザイナーに決定 ジョンガリアーノの後任

東京で発表されたラフ・シモンズによる「JIL SANDER」2012年春夏コレクション
東京で発表されたラフ・シモンズによる「JIL SANDER」2012年春夏コレクション
Image by: Fashionsnap.com
 「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」が、4月9日付けで新しいアーティスティック・ディレクターにデザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)が就任したことを発表した。2011年3月に退任したJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)の後任として、ウィメンズのオートクチュールとプレタポルテ(既製服)、そしてアクセサリーコレクションを手がける。なお、Raf Simonsによる「Christian Dior」のファーストコレクションは、2012年7月に開催されるオートクチュールコレクションで発表が予定されている。
 

 Raf Simonsは、 1968年ベルギー生まれ。1995年にミラノで自身のブランドを発表し、その後、拠点をパリに移した。2005年7月に「JIL SANDER」メンズ・ウィメンズのクリエイティブ・ディレクターに就任し、2011年2月に退任。LVMHグループ傘下の「Christian Dior」は、Raf Simonsの才能を高く評価し、アーティスティック・ディレクターに迎え入れることを決定。世界のエレガンスのコードを変えた創業者Christian Diorが残した遺産を引き継ぎ、21世紀における象徴的なスタイルの推進を期待している。なお、Raf Simonsがオートクチュール・コレクションを手がけるのは「Christian Dior」が初めて。

 就任に際してRaf Simonsは、「無類なき知識とクラフトマンシップが息づくChristian Diorに参加する、この歴史的出来事に敬意を表します。Christian Dior氏は、私にとって常にインスパイアされるクチュリエです。Diorという名前は、世界中で最高のエレガンスと洗練のシンボル。世界でもっとも名高いフランスのメゾンでアーティスティック・ディレクターを任されることを心から謹み、そして名誉に思います。」とコメントしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング