Fashion

パリ「merci」が再上陸 東京・大阪に限定ショップオープン

「merci"La rencontre"」がオープン Image by FASHIONSNAP
「merci"La rencontre"」がオープン
Image by: FASHIONSNAP

 フランス・パリのセレクトショップ「merci(メルシー)」が4月25日、伊勢丹新宿店にポップアップストアをオープンした。本国のショップの雰囲気を落とし込んだリラックス感漂う店内では、日本初上陸となった2011年のオープン時に即日完売となった人気のリバティプリントのトランクをはじめ、フランスの伝統的なデザインの生地を使用した伊勢丹限定のトランクを発売。伊勢丹新宿店での会期終了後は、JR大阪三越伊勢丹で開催を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 2009年3月、パリのマレ地区にオープンした「merci」の創設者は、Marie-France(マリー・フランス)とBernard Cohen(ベルナール・コーエン)夫妻。「モード×社会貢献×ライフスタイル」をコンセプトに、1500平方メートルの店内で、シックでカジュアルな日用品や洗練されたデザインの雑貨などを展開。収益の一部は、マダガスカルの子供たちのために役立てられるなど、チャリティという形で社会へ還元されている。

 伊勢丹新宿店の本館1階=ザ・ステージにオープンしたポップアップストア「merci"La rencontre"(=出会い)」では、「母の日」をテーマとしたギフト向けグッズを新たにラインナップ。チョークで絵を描くことができるマグカップ(1,260円)や、「merci maman」と書かれたスタンプを押すことできるノート(525円〜)、リネンやコットンを使用した全13色のスカーフ(4,725円〜)など、様々なアイテムを揃える。10時の開店を前に、約100名の客に整理券の配布を終了。開店後は、リバティプリントのトランク(7,350円〜)や、新たに登場した18世紀頃の人物・風景・神話などをモチーフとする「トワル ド ジュイ柄」のトランク(10,500円〜)を2個、3個とまとめて購入する人が続出した。

 伊勢丹新宿店での会期終了後、5月9日から22日までの期間、JR大阪三越伊勢丹2階=ザ・ステージで引き続き開催される「merci"La rencontre"」。大阪での開催は初。来日した本国「merci」のマーケティングディレクターJean-Luc Colonna(ジャン・リュック・コロナ)氏は、「春という四季の1番初めの季節に、みんなでシンプル、ナチュラル、ポジティブになろう。色とりどりのカラーを取り入れた僕たちのショップに訪れて、色々な発見をしてもらえたら嬉しいな。」とファンに向けてメッセージを送った。

■merci"La rencontre"  会期:4月25日〜5月1日/場所:伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージ  会期:5月9日〜5月22日/場所:JR大阪三越伊勢丹2階=ザ・ステージ  URL:http://www.isetan.co.jp/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング