Fashion

「名古屋駅新ビル(仮称)」2016年春開業へ 計画見直しで1年前倒し

Update:

 新ビルの名称は「JRゲートタワー」に。2015年12月に上棟後、2016年5月頃に外装工事を完了し、夏からテナント部分の工事に入る。同11月にオフィスの入居を開始後、商業施設「タカシマヤ ゲートタワーモール」やホテル「名古屋JRゲートタワーホテル」の開業は2017年4月を予定する。なお、「タカシマヤ ゲートタワーモール」にはファッション・雑貨など約150ショップが出店。12・13階はレストラン街で、隣接するJRセントラルタワーズ内のフードエリアと接続することで日本最大級のレストランフロアになるという。

「名古屋駅新ビル(仮称)」外観(東側)イメージ
「名古屋駅新ビル(仮称)」外観(東側)イメージ
Image by: ジェイアールセントラルビル

 東海旅客鉄道とジェイアールセントラルビルが、新高層複合ビル「名古屋駅新ビル(仮称)」の開業時期を1年前倒しとすることを発表した。JR名古屋駅に隣接する旧名古屋ターミナルビルの跡地を再開発するプロジェクト。2015年末にオフィスの入居をスタートし、2016年春を目処にジェイアール名古屋タカシマヤの増床部分、約350の客室(予定)を備えたホテルを順次開業する。

 

 「名古屋駅新ビル(仮称)」は、敷地面積約1万700㎡、高さ約220m、地上46階・地下6階建ての高層ビルで、施設内はオフィスや商業施設、ホテル、バスターミナルなどで構成。2階から8階にジェイアール名古屋タカシマヤの増床部分、8階に三省堂書店、9階から11階にヨドバシカメラ、12階から13階レストラン街など、低層階は商業エリアとなる。また、1階にバスターミナル、2階に名古屋駅と駅北側エリアを結ぶ歩行者通路を設けることで、交通拠点としての機能を強化。隣接する中部地区のランドマーク「JRセントラルタワーズ」と、15階までの一部フロアを接続することにより利便性を向上させる。

 名古屋駅直結の地上51階建てのオフィスタワーと地上53建てのホテルタワーの2つの高層ビルで構成された「JRセントラルタワーズ」の低層部には、ジェイアール名古屋タカシマヤ、名古屋マリオットアソシアホテル、タワーズプラザ(レストラン)、オフィスなどが入居している。新たに開業する「名古屋駅新ビル(仮称)」では、「JRセントラルタワーズ」と一体となり、名古屋駅周辺地区にさらなる賑わいを創出する。

 東海旅客鉄道とジェイアールセントラルビルは、旧名古屋ターミナルビルの解体工事や新ビルの設計、工事手順、事業内容の検討が着実に進行していることから開業時期を早めることを決定した。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング