Fashion

ファッションブランドwrittenafterwards ついに「服」を発表か

Update:

10月20日に発表した「 SEVENS GODS - clothes from chaos - 」で、神となったアダムのその後をプレゼンテーション形式で発表するとのこと。またイタリアで開催された欧州最大のファッションコンテスト「 ITS 2012 」のファイナリストに選ばれた諸永千亜希や芦沢佳澄の作品も展示。
・プレゼンテーション
日時:11月11日(日) 19:00 start -20:00 end
会場:旧東京電機大学校舎11号館 4F401教室(東京都千代田区神田錦町2-2)

・writtenafterwards & coconogacco exhibition
日時:11月14日(水)- 11月25日(日)12:00 - 19:00
会場:旧東京電機大学校舎11号館 (東京都千代田区神田錦町2-2)
writtenafterwards exhibition 4F 401教室
coconogacco exhibition 8F

前回のwrittenafterwards “禁断のコレクション”より
前回のwrittenafterwards “禁断のコレクション”より
Image by: Fashionsnap.com
 「秘密のコレクション」「禁断のコレクション」と、ここ数シーズンは服というよりもストーリーを発表してきた「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」が、ついに「服」を発表する。10月20日、渋谷の宮下公園でショーを開催予定。誰でも観覧することができるそうだが、タイトルが「THE SEVEN GODS-clothes from chaos-」なだけに"カオス"なコレクションになりそうだ。
 

 「究極の衣服を求め、いつしかファションデザイナーとなった、アダム浦島」という書き出しから始まる今回のストーリー。「しかしながら、究極の衣服が作れず苦悩の日々を送っていた。アダムが作ったおびただしい衣服は、人々には到底理解されず、作品はいっさい売れることはなかった。日々の過労により、アダムは衰弱しつつも、力を振り絞り渾身の18体を制作。ついにアダムは人生初のファッションショーを披露することとなる。」と綴られている。アダムが作る18体の作品がファッションショーで登場することが読み取れるが、詳細は不明だ。

 ここでいう「アダム」は、「writtenafterwards」が2011年に東京オペラシティギャラリーで発表した展示で初めて登場した主人公。「第一章 new world order 動物たちの恩返し」、「第二章 the human's no clothes はだかのアダム」、そしてVACANTで発表された「第三章 love affair 秘密の浦島アダム太郎」とストーリーを紐解く人物として使われている。今回は、一連のストーリーの最終章として位置づけられており、作品を発表するたびに「着れるもののないファッションブランドとは何ぞや」と筆舌し難い難問を投げかけジャーナリスト達を困らせてきたデザイナー 山縣良和の「服」がようやくお目見えするようだ。ストーリーのタイトルは「ADAM URASHIMA 2013 $$ collection "Bye Buy"」。

 なお「writtenafterwards」によるファッションヒストリーの最終章となるショーは
「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013 S/S)」のトリを務め、10月20日21時にスタート予定。Fashionsnap.comでライブ中継を配信するためこちらでも確認できる。

 「writtenafterwards」デザイナー山縣良和は、ファッションの学校「ここのがっこう」を主催し自ら講師を務めている。教え子らは欧州最大のファッションコンテスト「ITS」でグランプリをはじめ数々の部門にノミネートするなど、教育者としても注目を浴びている。


■ショー中継ページ
 https://www.fashionsnap.com/tff/2013ss/

■writtenafterwards collection #07
 THE SEVEN GODS -clothes from chaos-
 日時:2012.10.20 ( Sat. ) 21:00 start ( 20:30 door open )
 場所:SHIBUYA FASHION FESTIVAL at MIYASHITA PARK

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング