Fashion

ルイ・ヴィトンの新作スカーフ世界に先駆け銀座ドーバーで発売

AIKOによるテキスタイル Image by FASHIONSNAP
AIKOによるテキスタイル
Image by: FASHIONSNAP

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の2013年春夏新作テキスタイル(スカーフ)「FOULARDS D'ARTISTES」が11月30日、「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」で初披露された。12月1日より開催されるOlivier Zahm(オリヴィエ・ザーム)が撮り下ろした写真展に合わせて、世界に先駆けて先行販売される。会場にはOlivier Zahmや写真展のモデルを務めた女優の忽那汐里、テキスタイルを手がけたアーティストの一人AIKOらが訪れた。

— ADの後に記事が続きます —

 「LOUIS VUITTON」の2013年春夏新作テキスタイル「FOULARDS D'ARTISTES」は、「LOUIS VUITTON」のアーティスティック・ディレクター マークジェイコブスが影響を受けたというアーティストStephen Sprouse(スティーブン・スプラウス)をはじめ、ロサンゼルス出身のRETNA、ブラジル出身の双子のアーティストOs Gêmeos、そして日本人アーティストAIKOとコラボレーション。90年代よりニューヨークへ拠点を移し、アーバン・アートやポップアートに影響を受けた作品を発表しているAIKOは、自身のテキスタイルについて「オファーを受けてとても光栄でした。日本をテーマにした作品を、ということだったので1ヶ月滞在して様々な日本の特色をリサーチして仕上げた柄です」と話す。歌舞伎からインスピレーションを得たという格子や、鹿の子模様、花火、牡丹などに、「LOUIS VUITTON」のモノグラムを融合。日本語の「ちゅ」という言葉は、「現代の日本人女性の派手さを表現した言葉」だという。「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS」3階で展示・販売される。

 新作テキスタイルの先行販売と合わせて、1階と6階では新作テキスタイルと女優の忽那汐里を被写体にした写真展「LOUIS VUITTON - FOULARDS D'ARTISTES PHOTO EXHIBITION」が開催。フランスの雑誌「Purple Fashion Magazine」の編集長Olivier Zahmは、新作テキスタイルについて「スカーフは自由とかエネルギーを与えてくれるアクセサリー。軽やかだし風のようだね」とコメント。また、忽那汐里については「陶器のような肌で、宝石のような女の子。とても美しかったよ」と、高く評価した。写真展「LOUIS VUITTON - FOULARDS D'ARTISTES PHOTO EXHIBITION」は、2013年1月8日まで(6階の展示は12月14日まで)。

■LOUIS VUITTON – FOULARDS D’ARTISTES PHOTO EXHIBITION BY OLIVIER ZAHM at DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS  会期:2012年12月1日(土)〜2013年1月8日(火)     日-木:11:00–20:00 金・土:11:00-21:00 ※会期については、変更の可能性あり。  会場:DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS 中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館 1F, 3F&6F     ※6Fの展示は12月14日(金)まで。  問い合わせ:ルイ・ヴィトン カスタマーサービス Tel. 0120-00-1854(フリーダイヤル) ■ルイ・ヴィトンが銀座ドーバーで写真展 被写体は新作テキスタイルと忽那汐里  /news/2012-11-28/louis-vuitton-olivierzahm/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング