Fashion

渋谷109初売り大行列 恒例の福袋"物々交換"に熱気

Update:
公式発表によると、深夜組含めオープン前に並んだ行列人数は約5000人。閉店まで1日で約6万人が来店し、総売上は約3億7000万円。
恒例の物々交換で混雑するSHIBUYA109エントランス前 Image by FASHIONSNAP
恒例の物々交換で混雑するSHIBUYA109エントランス前
Image by: FASHIONSNAP

 「SHIBUYA109」の初売りバーゲンが今日スタートした。前日から並びはじめた列は早朝には大行列となり、午前10時のオープン予定を大幅に早め午前7時に開店。初売り目玉の109限定福袋が続々と店頭から売れて行く中、エントランス前では購入した人たちが恒例の"物々交換"を繰り広げ大混雑している。

— ADの後に記事が続きます —

 例年の賑わいから新年の風物詩になっている「SHIBUYA109」の初売りは今年、館内約120ショップが参加。先頭の女性グループは前日の正午くらいから並びはじめたといい、地下鉄渋谷駅のB2階・副都心線改札近くまで伸びた行列は全員が入場できるまで約45分かかった。目玉の109限定福袋は、「CECIL McBEE(セシルマクビー)」や「one*way(ワンウェイ)」などの「SHIBUYA109」を代表するブランドから「galaxxxy(ギャラクシー)」や「スピンズ」といったの新春バーゲン初参加ショップまで約40ショップが販売。開始15分ほどで完売した「EMODA(エモダ)」をはじめ既に完売や品薄状態のショップが相次ぎ、館内は現在も混雑している。

 エントランス前には、開店30分後くらいから福袋の購入者が集まりだし、"物々交換"がスタート。はじめは交換したいアイテムを持ち歩きながら気になるアイテムを探している様子だったが、混雑しだすと「誰か〜交換して下さ〜い」とアイテムを高く持ち上げながら大きな声で呼びかける人が目立った。「やっと交換できた」と嬉しそうに友人に報告していた10代の女性は、手持ちのアイテムを「LIZ LISA(リズリサ)」のワンピースに交換。「2回目の参戦。まだ1着なのでこれからまだまだ交換したい」と意気込んでいた。

 「SHIBUYA109」は8日まで「7DAYS BARGAIN」と題し、冬物が2割から5割引になるセールを開催。その後31日まで、「FINAL BARGAIN」が実施される。

■冬のセール情報  /sale/2012-13aw/ ■2013年の福袋情報  /inside/fukubukuro-2013/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング