Fashion

ユニクロがシルクとカシミヤを日常着に 世界展開スタート

(中央左から)クリエイティブファッションディレクターNicola Formichetti、ファーストリテイリンググループ上席執行役員 國井圭浩、デザインディレクター兼アートディレクター滝沢直己
(中央左から)クリエイティブファッションディレクターNicola Formichetti、ファーストリテイリンググループ上席執行役員 國井圭浩、デザインディレクター兼アートディレクター滝沢直己
Image by: Fashionsnap.com
 ユニクロは2013年秋冬シーズン、シルクとカシミヤ商品を世界各国で順次発売する。本格的な世界展開が初めてになる「シルクプロジェクト」スタートと同日の7月30日、ユニクロ銀座店12階で「ユニクロ 2013FW シルク・カシミヤプロジェクト説明会」を実施。デザインディレクター兼アートディレクターの滝沢直己氏らが登壇し、商品紹介をはじめ、高品質素材をリーズナブルな価格帯で提供するためのアプローチについて話したほか、クリエイティブファッションディレクターNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)氏のスタイリングによる最新ルックが披露された。
 

 「LifeWear(ライフウェア)」をコンセプトに掲げるユニクロは、2013年秋冬コレクションを12のプロジェクトで構成。あらゆる人の生き方を豊かにする服というコンセプトを極めていくうえで、自然の産物が持っている機能に注目して「シルクプロジェクト」と「カシミヤプロジェクト」を発表したという。

 ユニクロにとってシルクは、初の本格的な世界展開製品。シルク本来の高い吸放湿性と保温性を保ちながら、無地のシルク製品にはサウンドウォッシュ加工を施し、ユニクロならではの日常に取り入れやすいカジュアルな印象に仕上げた。手洗い可能な全18型、90色柄のデザインバリエーションで展開し、価格は1,990円〜5,990円。一方カシミヤ100%の製品は国内全店展開が4年ぶりになり、ウィメンズを中心に商品もこれまでのベーシックなデザインからアップデート。カシミヤを軸に10%ほど別素材を混ぜたブレンド商品のほか、今季から新たにカラーブロック製品をメンズ・ウィメンズともに投入する。価格は1,500円〜9,900円。これまで両製品は素材確保の難しさから販売を一部店舗に限っていたが、世界トップクラスの工場とパートナー関係を結び、また素材調達にも目を向けたことで、リーズナブルな価格帯のシルク・カシミヤ商品を安定的に供給できるようになったという。販売目標枚数は、シルクが160万点、カシミヤが590万点。

 説明会に出席した滝沢氏は、代表的な天然素材を使った今回のプロジェクトについて「時代のムードがよりナチュラルになっている。ラグジュアリーな素材をいかに日常に取り込めるかという視点で取り組んでいる」とコメント。シルク・カシミヤ商品のスタイリングを披露したNicola Formichettiも「上品というイメージがある2つの素材だが、ユニクロらしくカジュアルに仕上げた」と話し、ローファーやデニムパンツと合わせて日常に取り入れやすいスタイルを提案した。なお広告のディレクションは仏「purple FASHION」誌の編集長オリヴィエ・ザム氏が務め、モデルにクロエ・セヴィニーと英出身のリリー・ドナルドソンを起用し、撮影はメンズモデルとしても出演したライアン・マッギンレーが手掛けている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング