Fashion

プリティーグリーン展開拡大 新ラインや国内2号店

2014年春夏Pretty Green展示会より 中央のプリントTシャツはLIAM GALLAGHERの顔 Image by FASHIONSNAP
2014年春夏Pretty Green展示会より 中央のプリントTシャツはLIAM GALLAGHERの顔
Image by: FASHIONSNAP

  元Oasis(オアシス)のLIAM GALLAGHER(リアム・ギャラガー)によるブランド「Pretty Green(プリティーグリーン)」が、今秋から日本を含めたアジア圏を中心にブランド展開を拡大する。10月から、素材から縫製までジャパンオリジナルのテーラードラインがスタートするほか、2014年春夏シーズンから商品構成を大きく変更してLIAM GALLAGHERの今の気分を全面的に取り入れた新ラインの販売を開始。また、日本2号店の出店や韓国進出など展開地域の拡大も計画している。

— ADの後に記事が続きます —

 「Pretty Green」は昨年7月、「ファッションが成熟している都市」というLIAM GALLAGHER自身の希望もあり海外1号店を東京に出店。新たに国内向けに投入するテーラードラインは全行程に日本の高い職人技を用いており、身幅や肩幅、パンツの幅をアジア人の体型に合わせてタイトにデザインすると共に、ライニングにはペイズリー柄をあしらうなど「Pretty Green」の要素を随所に取り入れている。

 2014年春夏から「Pretty Green」は、「ブラック」「グリーン」「デニム」「日本限定」で展開していたこれまでの商品構成をアイテムのストーリー別に整理。シーズンの色を強く出した「テーマ」、既存のカジュアルな「グリーン」と「デニム」を凝縮した「クラシック」、モッズコート等の代表的なアイテムで構成する「ベーシック」、商品量を3倍近く拡充したシーズンレスの「アクセサリー」(今秋から順次販売)に分け、また新たに「LIAM GALLAGHER」ラインをスタート。LIAM GALLAGHERが欲しいと思うスタイルをMDに関係なく忠実に再現したアイテムをラインナップし、ファンにより身近に感じられるラインにする。

 「Pretty Green」は今後アジア展開を拡大していく計画で、ジャパン社では10月中旬に名古屋パルコ南館4階に国内2号店を出店予定。また来春を目指して、韓国にオンラインストアをオープンする。青山店には「本国のサイズでは大きいから」という理由でアジア圏から訪れる客も多いという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング