Fashion

創業175周年パテック フィリップ「歴史の中のタイムピース」展開催

ロンドン万博でヴィクトリア女王に献上されたペンダント・ウォッチ(1851年) Image by パテック フィリップ ジャパン
ロンドン万博でヴィクトリア女王に献上されたペンダント・ウォッチ(1851年)
Image by: パテック フィリップ ジャパン

 2014年に創業175周年を迎える「PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)」が、「パテック フィリップ展〜歴史の中のタイムピース〜」を明治神宮外苑 聖徳記念絵画館で開催する。スイス・ジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアムから、ヨーロッパ産業革命時代に生きた王侯貴族や偉人が愛した貴重なタイムピースが来日する。会期は2014年1月17日から19日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 「パテック フィリップ展〜歴史の中のタイムピース〜」は、ブランドの創業175周年と日本とスイスの国交樹立150周年を記念して開かれ、両国が国交を結んだ幕末の動乱から維新の大改革や近代国家への歩みを描いた名画80枚と、パテック フィリップ・ミュージアムが所蔵するタイムピース100点以上が展示される。また、ブランドのデザインの変遷を辿るコーナーや菊の御紋入り懐中時計を展示するという。

 1839年にジュネーブで創業した「PATEK PHILIPPE」は、英国ヴィクトリア女王やオーストリア=ハンガリー帝国の皇妃エリザベートなどの王侯貴族をはじめ、キュリー夫人やチャイコフスキー、ワーグナー、トルストイといった偉人たちを顧客に持つ高級時計ブランド。創業からこれまでに取得した技術特許は80件以上にのぼり、ブランドの軌跡を辿るパテック フィリップ・ミュージアムでは約2,000点のタイムピースや専門書を集めたライブラリー、18世紀後半から20世紀にかけて使用した400種類以上の工具などを保管している。

■パテック フィリップ展〜歴史の中のタイムピース〜  会期:2014年1月17日(金)〜19日(日)  時間:9:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)  会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)  観覧料 :【当日】一般 500円/小中学生・高校生 200円(当日窓口のみ)  ※未就学児は無料/障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料      【前売り】 400円 ※イープラスにて販売  問合せ:0120-175-090 月〜金曜日 10:00〜18:00  ※土日祝日、年末年始を除く  http://www.patek-tokubetsuten.jp/ ※11月開設予定

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング