Fashion

ナイスクラップからボトムウェア専門の新業態「ビブリオテーク」デビュー

BIBLIOTHEQUE ショップイメージ
BIBLIOTHEQUE ショップイメージ
Image by: ナイスクラップ
 ナイスクラップが、ボトムウェア専門の新業態「BIBLIOTHEQUE(ビブリオテーク)」の出店を開始する。コンセプトは「女性の脚が喜ぶボトムウェア」。2月26日、小田急百貨店 新宿店の4階に1号店をオープンさせる。
— ADの後に記事が続きます —

 ボトムウェアのスペシャリティストア「BIBLIOTHEQUE」のターゲットは、20代後半〜40代前半の働く女性。カジュアルから通勤着まで多彩なデザインやサイズ、カラーのボトムウェアを揃え、OL層のライフスタイルに訴求していくという。また、女性のウエストから爪先までトータルでコーディネートするため、ボトムウェアに関連するレッグウェアやシューズ、バッグ、ベルトといったアクセサリーも展開。価格はパンツ9,500〜16,000円、スカート9,000〜15,000円、シューズ8,000〜18,000円、ベルト3,500〜9,000円、バッグ10,000〜25,000円。

 「BIBLIOTHEQUE」のショップは、働く女性がゆっくり落ち着ける場所の一つとして図書館や書店を空間コンセプトに設定。ニューヨークテイストのインダストリアルでモダンなテイストを取り入れて、大人の女性の脚を美しく魅せる店舗空間を演出する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング