Fashion

合同展「rooms28」開催概要発表 コンセプトは「おもてなし」

rooms28 メインヴィジュアル Image by H.P.FRANCE
rooms28 メインヴィジュアル
Image by: H.P.FRANCE

 ファッションとデザインの合同展示会「rooms28」が、2月18日~20日に国立代々木競技場第一体育館で開催される。アッシュ・ペー・フランスが主催し、約500ブランドが出展予定。日本独自の精神である「おもてなし」をコンセプトに、おしぼりからデザインされたメインヴィジュアルはAruta Soupが担当した。会期中は、様々な企画が予定されている。

— ADの後に記事が続きます —

 「rooms28」は、ファッション・服飾雑貨・プロダクトなど、多彩なブランドが新作をそろえて参加。会場は東京から新しいジェントルマン像を世界に発信する 「TOKYO GENTLEMAN」やクリエイティブな時計がそろう「WATCH AREA」といった新エリアを含め、17のエリアで構成される。コンセプトの「おもてなし」に基づき、お茶やメイクでもてなす企画や、「おもてなし隊」による会場のアテンドなどを予定。また会期中には、アーティストとして2度目の出展となるタレント光浦靖子がハンドメイドのブローチを展示し、2日目の19日にはワークショップの開催も予定されている。

 アッシュ・ペー・フランスは、日本の技術・ものづくりで世界を豊かにすることを目標に「MADE IN JAPAN」のコンセプトを掲げ、2012年から「rooms 地場産」のプロジェクトを推進している。 2013年度には、同社取締役で「rooms」プロデューサーの佐藤美加氏が福島県から委託を受け、地場産業の新たなモデル事業の創出を目的とした「福島県地場産業リーディングプロジェクト創出事業」のビジネスプロデューサーに就任。福島県内の繊維・工芸品の2社とデザイナー・アーティストとのコラボレーションを総合的にプロデュースし、「rooms28」で発表する。

■rooms28  会期:2014年2月18日(火)〜20日(木)10:00~18:00  場所:国立代々木競技場第一体育館  出展ブランド:約500 ブランド  来場数:約20,000人(見込み)  主催:アッシュ・ペー・フランス株式会社

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング