Fashion

アディダスが6年かけて開発「スプリングブレード」国内発売日決定

adidas springblade(ブラック/メタリックシルバー/ソーラースライム)¥19,425(税込) Image by adidas
adidas springblade(ブラック/メタリックシルバー/ソーラースライム)¥19,425(税込)
Image by: adidas

 アメリカや中南部地域で話題を集めた最新ランニングシューズ「adidas springblade(アディダス スプリングブレード)」が、国内で2月20日に発売される。16枚の高弾性ブレードで構成したミッドソールデザインが特徴で、「空中を浮遊しているような新しいランニング体験」を提供するという。

 跳箱のロイター板からインスピレーションを得た「adidas springblade」は、アディダスが6年の歳月を掛けて開発。16枚の高弾性ブレードはそれぞれが接地や足運びを考慮した長さや硬度に設定されているため踏込みを柔軟に緩衝(かんしょう)するのと同時に、ブレードの素材に同社独自のハイテクポリマー素材を用いたことで高い耐久性と安定性を兼ね備えている。アメリカや中南部地域では2013年8月に先行発売され、特にブラジルでは発売から1週間で8,000足が完売した。

 国内で発売される「adidas springblade」は、メンズが4タイプ、ウィメンズが2タイプのカラー展開で、価格は税込み各19,425円。全国のアディダス直営店をはじめ、「adidas ONLINE SHOP」や「adidas RUNBASE」、一部の店舗を除いたアディダス取扱店で販売される。カスタマイズ可能な「mi adidas(マイ アディダス)」にも対応予定。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング