Fashion

ポール・スチュアート青山店が初の大規模改装 3月再オープン

改装後の「Paul Stuart 青山店」外観イメージ
Image by: 三陽商会
 表参道メインストリート沿いの「Paul Stuart(ポール・スチュアート)」旗艦店が、3月8日に改装オープンする。1981年に出店して以来、大規模改装は今回が初めて。NY本店の店装を導入すると共に雑貨を強化するなど、ブランドの国内発信拠点として空間とサービスを充実させるという。
— ADの後に記事が続きます —

 「Paul Stuart 青山店」はブランドのフィロソフィー「コンテンポラリー・クラシック」をコンセプトに、伝統と革新を融合させた店舗として改装。ショップのアイコンになっている石垣や自然光を取り入れたフィッティングルームは引き継ぎながら、入り口にはNY本店でも使われている「THE WALL(ザ・ウォール)」、大理石と天然木のフローリングを配した店内には60年代のイタリアをイメージさせるインテリアデザインを採用するなど新しさを取り入れた。ショップデザインはインテリアデザイナーの植木莞爾氏が手がけ、夜間は石垣がライトアップされる。

 2フロア約729平方メートルの店舗では、開放的な内装を施した1階に「Phineas Cole(フィニアス・コール)」のプレゼンテーションコーナーを設け、入り口付近に雑貨、左側にウィメンズ、奥にメンズをラインナップ。サロンのような雰囲気を演出する2階は、メンズ・ウィメンズのフォーマルウェアをはじめ、メンズシューズのコーナーや「メイド トゥ メジャー」のスペースを設ける。メンズ商品の4割とウィメンズ商品の7割は、青山店限定品で構成される。

■ポール・スチュアート 青山店 ※2014年3月8日(土)改装オープン
所在地:東京都渋谷区神宮前 5-7-20
電話番号:03-3406-8121
営業時間:11:00~20:00

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング