Fashion

究極はジョブズ?今年の流行スタイルに「ノームコア」が浮上

世界で活躍するデザイナーもノームコア? Image by FASHIONSNAP
世界で活躍するデザイナーもノームコア?
Image by: FASHIONSNAP

 今年の流行スタイルの有力候補として、「ノームコア(normcore)」が注目を集めている。「ノームコア」とは「極めて普通」なスタイルで、特にメンズファッションにおけるベーシックなアイテムを組み合わせた没個性的なコーディネートのことを指す。ネット上では「ノームコアの究極はスティーブ・ジョブズ」などのコメントが投稿されている。

— ADの後に記事が続きます —

 「ノームコア」は、ノーマルとハードコアを組み合わせた言葉で、米国でポピュラーなスタイルの1つ。ニューヨーク・マガジン「The Cut」で掲載された記事には「ショッピングモールで買ったような服」と紹介されており、コーディネートアイテムとしてストーンウォッシュのジーンズやフリース、ローテクスニーカー、ウィンドブレーカーなどを挙げている。特別新しいスタイルではないものの、ファッション界のインサイダーらが目を付けたことで、今年の注目スタイルに浮上。デザイナーやクリエイターらの普段着によく見られるスタイルでもあり、ネットでは「ノームコア」の象徴として、黒のタートルネックのカットソーとジーンズをユニフォームのように愛用していたアップルの創業者スティーブ・ジョブズのスタイルが取り上げられている。

 「シティーボーイの次のトレンド」とも言われている「ノームコア」だが、定義の曖昧さからネットでは様々な声が上がっている。Twitterでは「説明が難しいがとにかくすごく普通の服のこと?」という疑問をはじめ、「本当のオシャレさが問われる、逆に難易度高めスタイルだと思う」「米国のお金持ちがやるから意味あるのでは?」「流行というよりただ単にみんなファッションに疲れてるだけ?」などの意見が投稿されている。ファッションブログElasticは「『ノームコア』を日本流に噛み砕いたのが『シティーボーイ』 であり、近い概念に『チープシック』がありますけども、 この流れが続くようならモードの復権は遠そうですね」と分析している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング