Fashion

日本郵便と三越伊勢丹の共同出資会社 衣料品などを揃えるカタログ発行

JPセレクト「誕生祭」
JPセレクト「誕生祭」
Image by: JP三越マーチャンダイジング
 三越伊勢丹ホールディングスと日本郵便子会社の郵便局物販サービスによる共同出資会社JP三越マーチャンダイジングが、通販カタログ「JPセレクト『誕生祭』」を4月16日に発行する。衣料品や服飾雑貨など31品目をそろえ、全国約20,000局以上の郵便局と郵便局のネットショップで配布される。
— ADの後に記事が続きます —

 「JPセレクト『誕生祭』」は、JPセレクト「いいものベスト 200」と JPセレクト「いい暮らし便」の後継カタログの創刊号として発行。40歳代以上をメインターゲットに、これまで扱ってこなかった衣料品や服飾雑貨、健康用品、キッチン用品、アイデアグッズなどを展開し、価格帯はおよそ4,000円から10,000円。次号は5月12日、夏物ファッションからインテリアや雑貨などをセレクトした「『いい夏いい暮らし』カタログ」が配布される。

 JP三越マーチャンダイジングは 、郵便局物販サービスと三越伊勢丹ホールディングス子会社の三越伊勢丹通信販売の商品調達・カタログ制作部門を分離し、統合することで生まれた新合弁会社。初年度の売り上げ目標は1,100億円で、2018年度までに1,319億円のビジネス規模を目指すという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング