Fashion

NIGOが監督 ファレル・ウィリアムス「Happy」の日本版ビデオ公開へ

Update:

【5/13】日本版ミュージックビデオ追加公開

オフィシャルMVより
 SonyMusicが、NIGO(R)(ニゴー)をディレクターに迎え、Parrell Williams(ファレル・ウィリアムス)の楽曲「Happy」の日本版ミュージックビデオを5月に公開すると発表した。今日発売の国内盤ニューアルバム「G I R L」のプローモーションを兼ねたプロジェクトで、井浦新や水原希子、ユナイテッドアローズの小木"POGGY"基史、ふなっしーなどの出演が予定されている。

 日本版ミュージックビデオでは、ユニクロのTシャツブランド「UT(ユーティー)」における協業などParrell Williamsと以前から親交のあったNIGO(R)をディレクターに起用。VERBALや新日本プロレスのオカダ・カズチカや中邑真輔、氣志團、久保田利伸、コブクロ、スチャダラパー、「SEKAI NO OWARI」のDJ LOVE、ヒップホップグループの「TERIYAKI BOYZ」、「EXILE」兼「三代目J Soul Brothers」のNAOTO、アイドルグループの「BiS」、槇原敬之、「AMBUSH(R)(アンブッシュ)」を手がけるYOON、湘南乃風の若旦那といった、ファレルを深くリスペクトする様々なジャンルの著名人が集結するという。

 オフィシャルミュージックビデオがYouTubeで再生回数2億回を突破したParrell Williamsの「Happy」は、世界130カ国以上で各都市バージョンの動画が作成されるなどムーブメントを巻き起こしている話題の楽曲。4月29日には、原宿版として「Happy from Harajuku Tokyo - Pharrell Williams #harajukuhappytimes」が公開された。原宿の各所で、渋谷区長から「FIG&VIPER」クリエイティブディレクター植野有砂やSHIMAの奈良裕也、ダンサーや力士まで多数の出演者がダンスを披露している。


■「Happy」原宿版
 https://www.fashionsnap.com/news/2014-04-30/happy-harajuku/

■「Happy」日本版ミュージック・ビデオ出演予定アーティスト(五十音順/敬称略)
 井浦新、VERBAL (m-flo)、オカダ・カズチカ (新日本プロレス)、氣志團、久保田利伸、小木“POGGY”基史(ユナイテッドアローズ)、コブクロ、スチャダラパー、DJ LOVE (SEKAI NO OWARI)、DEXPISTOLS、TERIYAKI BOYZ®、NAOTO (EXILE / 三代目J Soul Brothers)、中邑真輔 (新日本プロレス)、BiS、ふなっしー、槇原敬之 、MATSU (EXILE)、水原希子、YOON (AMBUSH®)、若旦那

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング