Fashion

コーチが新宿に旗艦店、今秋出店決定

ロゴ
Image by: コーチ・ジャパン
 コーチ・ジャパンが、日本で10店舗目となるフラッグシップストア「コーチ新宿」を2014年秋にオープンする。米コーチが進める次世代ストアコンセプト開発にあたり、クリエイティブアドバイザーとしてWilliam Sofield(ウィリアム・ソフィールド)率いる「Studio Sofield(スタジオ・ソフィールド)」が参画。同店舗は、新たなストアコンセプトを踏襲する国内初のショップとなる。

 「コーチ新宿」は東京都内では5店舗目となるフラッグシップストアで、今年パートナーシップを締結した「Studio Sofield」のコンセプトをもとショップをデザイン。昨年エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任したStuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)は「Studio Sofield」に関して「ウィリアムと私は、コーチにとって全く新しいもの、ラグジュアリー分野においても独自性を放つものを創り出したいという志を共有しています」とコメントしており、「コーチ新宿」を上質で温かみのある素材を用いて、モダンな感覚や心地良さを表現するストアに仕上げる予定だという。出店場所や取り扱い商品などの詳細は、7月以降に発表される。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング